Gon-III Blog

駄文したため候

Apple Special Event – The spotlight turns to notebooks.

2008/10/19

10月14日午前10時(日本時間15日午前2時)に「The spotlight turns to notebooks.」と題したアップルのイベントは新しい筐体MacBook Pro、MacBook、そして24インチ「Apple LED Cinema Display」のお披露目だった。

新しいMacBook、MacBook Proでは1枚のアルミニウム板からを削り出された筐体「ユニボディ」を採用。リーク写真は本物だったという訳だ。

これはいいですな。このオレ様は去年の夏に買ったMacBook Proをご愛用だが、パームレストの部分を片手で握って持ち上げると自重もあるんで「ミシリ……」とたわむ音がする。新しい筐体ではこういうこともないだろうし、単純に頑丈にもなったのだろう。

でも……。すごいんだけど、、、ぱっとしない。

前モデルを持っていても欲しくなってしまうのが、アップル製品の魅力のひとつなのだと思うのだ。例えば、どっかの誰かさんみたいに3台目のiPod nanoを衝動買いしちゃったりとかw。しかし、このオレ様が新しいMacBookやMacBook Proをうらやむことはなかった。

どうしてかな?と考えてみた。

  • MacBookとMacBook Proがあんまり変わらないデザインになってしまった。以前はもっと明確な差別化が図られていた。
  • MacBookとMacBook Proがスペック的に近づいてきている。MacBookの最上位モデルとMacBook Proの最下位モデルが同じCPU。やはり、以前はもっと明確な差別化が図られていた。
  • ディスプレイはテカテカのみ。Apple Storeでもディスプレイのカスタマイズはできないようだ。
  • リーク写真が本物だったので興醒め。

これまでコンシューマー向け・ハイエンド向け/ノート・デスクトップというマトリックスをやめてしまうのだろうか?まぁ、Mac mini、MacBook Airが出てきたところでその辺は崩れてきているようだが。過渡期から変革ににきているのだろうか。

ともあれ、スティーブ・ジョブズはやせているのは相変わらずだけど、顔色が良さそうなのでひとまず安心。

Posted in Apple, Mac | 2個のコメント »

2個のコメント

  1. DJ-Kaz の書き込み:

    わしも銀座へ見に行ったのだが、それほど魅力を感じかなったんだよね〜。
    MacBook ProがiMacみたいなデザインになっちゃって、かつてのiBookと
    同じラインに降りてきたような気がするってのがひとつかな。

  2. Gon-III の書き込み:

    >DJ-Kazさん
    あら。実物を見てもぱっとしないっすかw。
    困りましたね。いままでのパターンからすると、おそらくこの筐体で数年は行くことになるだろうから……。

コメントをどうぞ♪

XHTML: こんなタグが使えるよ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>