Gon-III Blog

駄文したため候

BOSEのスピーカー大購入2

2017/05/13

Amazonでご注文は迎え撃つのが面倒なのでご近所のクロネコの営業所を発送先するようにしている。しかしながら、Companion 20の発送先は営業所を選択できなかった。配達はクロネコヤマトではなかった。よく確認しなかったが、どこだろうか?

ともあれ、無事に届けば問題なし。さっそくご接続!の前にMediaMateを引退させなければ。ノイズもさることながら外観もガタがきていて、経年劣化で数カ所欠けているところがある。何を隠そうボリューム調整のダイヤルも割れてて瞬間接着剤でくっつけていたという次第だ。

そして、こうやって写真を撮ろうとしたところ、大きなヒビがあるのを見つけた。老体にもかかわらず頑張ってくれてたんだと思うと感謝一入だ。

MediaMateの箱はまだ取ってあった。箱のイラストがスピーカー本体にフロッピーディスクってのが時代を感じるw。

せっかくなのでサイズ比較。当たり前だがCompanion 20が背が高い。その代わり奥行きがない。ちょっとは机の上が広く使えるようになるかな。幅はそう変わらない。

さて、配線。音声入力、コントロールポッド、電源、左スピーカーの各ケーブルを右スピーカーの背面へ接続。すっきりすると思ったけどそうでもないw。ちょっと嬉しいのは電源アダプタがコンセントと一体ではなくなったことだ。MediaMateの電源アダプタは拳ぐらいの大きさで、これをコンセントに差す。邪魔w。Companion 20は普通のコンセントでスピーカーの間に電源アダプタがあるタイプだ。

置いてみた。思いの外、邪魔じゃなくて安堵。さすがに、左右の下の隅は見にくくなるが、そこをそれほど見るもんでもないし、まあ何とか我慢ができる範囲だ。
ただ、希望としてはiMacの左右に置きたいところ。大きな机を検討したいが、お部屋のスペースの都合もあるのでしばらくはこんな感じか。

さっそく見ていたテレビの音声を試聴。情報番組で出演者がしゃべっている場面だった。iMacのスピーカーと比べると当たり前だが、聞き取りやすい。しかし、そんなに特徴を感じさせない。
ところが、番組のトークが終わって音楽が流れ始めたら低音がよく効き、音に立体感が出た。
しゃべっているようなときはナチュラルに聴きやすく、曲は奥行きがあるように聞こえる。流石ボーズ!侮れない。高いだけはあるw。

目玉のコントロールポッドのボリュームはスルスル動いていい感じだ。微妙な調整もできる。不意に当たって音量が変わってしまうこともあるが、その程度では大きく変わらない。そんな絶妙な調整具合がいい。

コントロールポッドは上部がスイッチになっていて触れることでオン/オフを切り替えられる。急に音をオフにしたい場合は便利だ。そして、オンの時に点灯する白いLEDがカッコイイ。

同梱のマニュアルは簡易版。詳しいマニュアルは製品ページからダウンロードできる。ダウンロードしたマニュアルを読むと、自動スタンバイ機能があることがわかった。2時間経過すると自動的にスタンバイ状態になるとのこと。スタンバイ状態ってのが謎だが電源がオフになるということなのだろうか。自動スタンバイはオンにしているのだが、スタンバイとやらになっているかよくわからない。まあいいかw。

気になるところはコントロールポッドに差すヘッドフォン端子の角度だ。刺す角度がよくわからずで、中央に向かっているわけでもなく、となりの外部入力端子とも並行ではない。どこへ行こうとしているのか?w

そんな些事はどーでもいいくらいに大きさ、品質、見てくれなど概ね大満足だ。さて、こいつにもまた20年はお世話になってもらおう。

Posted in Mac | コメントを書く »

コメントをどうぞ♪

XHTML: こんなタグが使えるよ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>