Gon-III Blog

駄文したため候

2014年 04月のアーカイブ

長瀞櫻探訪

2014/04/19

東京の桜の満開の知らせを聞き、週末であるところの4月6〜7日は桜を観て歩こうと思案していた。

ところがその週の任務の立て込みが感極まり、予定していた6〜7日は出社となってしまった。これでは桜見物ができないではないか。

しかし、見頃となった時期を見過ごす訳にはいかない。そこで、出社前のわずかな時間で遠回りながら職場へ向かいつつ多摩川や目黒川の桜を見ることにした。

だが、それで甘んじるこのオレ様ではない。土日出社の賜物か翌週の後半は余裕ができた。すかさず電光石火にて有給休暇を取得し、まだ桜が見頃なところへ足を伸ばすことにしてみた。諦めと妥協は無用、常に最善を尽くすべし。我ながら良い心がけである。

さて、東京が見頃となった翌週の桜である。その時期だと東京よりも北か山よりの方になる。

群馬か栃木あたりを想定していたが、白羽の矢を当てたのは長瀞だ。埼玉県である。我ながら予想外だが、各種お花見情報サイトや長瀞の観光ページでは見頃となっている。Twitterで調べても桜を楽しんでいる人がいるようだ。大丈夫そうだ。あとは行けばわかるさ。ダー!

そんなこんなでスタート地点と定めた秩父鉄道の野上駅に到着。早速、駅近くの桜がお出迎え。前夜の強風で花が散ってしまわないかと心配だったが杞憂に終わった。キレイに咲き誇っている。

野上駅

長瀞町観光協会長瀞サクラ開花情報を頼りに回ることにしたが、大手の桜はすでに葉桜とのこと。しかたないので、最初の目的地は法善寺とした。

それはともかく空腹だ。早く長瀞の地へ着きたかったので朝食は抜きで来た。駅前にコンビニがあると高をくくっていたが無かった。ずいぶん静かな駅前である。想像以上の地方感の洗礼を受ける。

国道に出れば何かしらあるだろうと行ってみたが、コンビニや朝食となりそうなモノを売ってそうな店は見当たらない。国道の信号があるような交差点ならコンビニがありそうだ。国道を北上してみると予想は当たり、しばし歩いた中野上交差点にセブンイレブンがあった。

おにぎりを大購入して中野上交差点から東に向かい法善寺向う。途中で桜が見頃な神社に出くわした。ちょうどいいところにベンチがあったので、お花見を兼ねて先ほど買ったおにぎりをいただいた。

天照皇太神

腹ごしらえも済んだのであらためて出発。道なりに進むと高砂橋交差点にさしかかる。このまま曲がらずにまっすぐ行けば北桜通りだ。とういかもう桜並木が見えている。しかし、まずは法善寺に行きたいので左折して荒川を渡り、県道に突き当たる。右へ行けば法善寺、左へ行くと大手の桜がある。大手の桜は葉桜ということだが、せっかく遠路はるばる長瀞に来たので場所だけでも見ておくことにした。

大手の桜に到着。やはりと言うか、当然のごとく観光協会のホームページにあるように葉桜だった。それはともかく、この立地はどうかとw。背後のフィッシングセンターの看板と電線が玉に瑕だ。フィッシングセンターには罪はないがもう少し風情があるようにできなかったのだろうか。というかこの写している場所が悪いのか。ちなみにこの時は右手奥のフィッシングセンターの看板の桜が見頃だった。

大手の桜

三度、法善寺へ。しだれ桜が有名で見頃ではあるが、ちょいと見頃時期が過ぎていたようだ。また、境内にある八重枝垂はこれからな感じで何とも中途半端なタイミングになってしまった。

法善寺

次は北桜通りへ。法善寺前の県道を南下して吉沢園の駐車場の向かいにある道を右折。「オートキャンプ場」の看板が目印だ。金石水管橋を通って荒川を渡る。ちょうど川下りの船に出くわした。長瀞感が沸き立つ。

川下り

そして北桜通り出た。素晴らしい桜のトンネルがつづく。少し歩くと絶好の撮影ポイントを見つけた。カメラを構えるが車の往来があり、いい感じに撮るのは難しい。桜を見ながらなのかノロノロ運転の車もちらほら。それに徒歩で桜見物に来ている人もいる。まあ普通の道路であるから仕方が無い。しかし、正直困るのは車で来てそこらに停めてしばしの桜見物をする人だ。特にこんな近くで停められてはどうにもこうにもならない。

北桜通り

ちょうど同じ位置で写真を撮っていた人と顔を見合わせどちらとも無く会話をした。

「あそこに停められると困りますよねー」
「ええ、すげー困りますw」

心温まるふれあいが生まれた。

北桜通りは長瀞駅近くまで長く続く。ここらは長瀞駅に近い位置のさくらまんじゅうを売っていたお店の前あたり。

北桜通り

長瀞駅に辿り着き名所の岩畳を少し見物して、こんどは南桜通りへ。こちらは北桜通りとは違い、歩道が無い道だ。訪れる人も少なく落ち着いてみることができる。道は長くて隣りの上長瀞駅まで続く。桜を満喫できる。

そして、やはりこちらも普通の道路であるため車の往来があり、車を道に停めて桜見物に出かけてしまう人がいる。ホントに困った所に停めてしまうので、どうにかならんか。アベックがうらやましいとは違う。

南桜通り

上長瀞駅に着いたあとは同じ道を引き返して長瀞駅まで戻り、そこから宝登山神社参道へ。

宝登山参道

参道の途中で左に曲がり野土山へ。背の高い桜が満開。

野土山

野土山からロープウェイ乗り場に出る。せっかくなので宝登山をロープウェイであがってみることにした。

宝登山ロープウェイ宝登山山麓駅

ちなみに宝登山神社自体が山の上にあると思い込んでいて、別にロープウェイに乗ることは無かったななどと思ってなどはいない。というわけで、山頂近くにある宝登山神社奥宮。盛況期には賑わうのだろうが、この日は人の気配が無く、売店がうら寂しさを醸し出しているだけだった。

宝登山神社奥宮

ロープウェイの時刻表を見ると30分おきの運行。16:30の便で上がったので帰りは17:00か17:30だろうか。しかし、30分だけでは上がった甲斐がないので17:30で帰ろうと山頂駅で時間を確認すると、この日の最終便は17:20。危うく乗り過ごして徒歩で降りるところだった。そんな危うい状況のそぶりを見せずロープウェイで下山し、麓の宝登山神社へ。豪華絢爛な色彩。

宝登山神社

暗くなり撮影もままならなくなったので長瀞駅から帰ることにした。

長瀞駅

長瀞町観光協会の長瀞サクラ開花情報にある桜の見所を中心にまわってみたが、そこかしこに桜があり、遠くの山中にも見ることができた。そういった所に寄り道をしてみたかった。そのうち隠れた名所探しという体でそのような場所を散策してみたいと思った。あと、欲張って各所の桜の見所を行ってみたが、もう少ししぼってゆっくり見た方がよいような気がする。

ともかく、とてもよい桜見物をすることができた。休日出勤がなかったら長瀞が桜見物の候補にならなかっただろう。ひとえに休日出勤の賜物と言えよう。基本的にはイヤだがw。

Posted in お出かけ | 2個のコメント »