Gon-III Blog

駄文したため候

2013年 03月のアーカイブ

いまさらながらiPhoneの新・旧マップアプリについてのオマケ

2013/03/31

書き忘れのことをば。

正月に初詣巡りをした際に旧マップアプリを使わんがためにiPhone 4Sを持ち出したわけだが、ネットにつながなくてはならない。そこで、iPhone 5でテザリングをして旧マップアプリを使おうと思っていた。

ところが、都内ということもあるだろうけど思いのほか地下鉄などけっこうWi-Fiが充実していた。あとはWi-Fiスポットのあるお店の軒先を借りたりw。そんなこんなで、想定していたよりもiPhone 5のテザリングの出番は無かった。バッテリーの減りを心配していたけどいい意味で拍子抜けになってしまった。

最近では都営地下鉄で携帯通信が全線でできるようになっただのもあるし、どんどん通信環境が整って行くのは有り難い。

Posted in iPhone | コメントを書く »

いまさらながらiPhoneの新・旧マップアプリについて

2013/03/20

iOS 6から新しくなったAppleのマップアプリのダメっぷりはさんざん言い尽くされているんで、わざわざこのオレ様の駄文ブログで書くまでもないと思っていた。しかし、二大残念の一方を書いたのと正月にiPhone 4Sを持ち出し旧マップアプリを駆使しての初詣巡りで、改めてその良さが身に染みたのでダラダラと認めることにした。そうこうしているうちに新マップアプリの地図がアップデートに続き、iOS 6.1.3がリリースされて地図はとても見やすくなった。要するに言えるうちに愚痴を述べておきたいw。

さて、新マップアプリだがこのオレ様的には空港に製紙工場があったりパチンコガンダム駅といった地図の不出来はどうでもよく(よくはないかw)、どっちかっつーと地図といい具合に連携というかコンビネーションするナビ機能が重要である。3D地図なんか要らんからナビ機能がしっかりしたアプリがよいのだ。まあ、すなわち旧マップアプリのことなのだが、逆に言うと旧マップアプリはそんな理想的なアプリだったと言えよう。

自動車の運転免許が無いこのオレ様にとっては、お出かけ際の移動は公共交通機関が頼りだ。ところが、新マップアプリには公共交通機関であるところの電車などのナビ機能がない。経路検索の画面にはこれ見よがしに電車アイコンがあり、いかにも電車などでの案内をしてくれそうだが、実際には他のアプリにおまかせである。車社会なアメリカの会社のアプリらしく自動車の経路はけっこうよくできていそうなのが悔しい。

 

おまかせられの他のアプリはいくつか試した。よいアプリがあればよかったのだが、いわゆる乗換を案内するアプリは乗換の案内に徹しているのが多く地図がない。地図が出てなおかつイイ感じにルート案内をしてくれるアプリがあればどこのどんなのでも構わないのだが、今のところこのオレ様のお眼鏡にかなうアプリにはお目にかかっていない。

そして、奇しくも新しいマップアプリ搭載のiPhone 5が出た頃に、Googleマップにバスルートの検索も追加され、旧マップアプリでもバスルートが表示されるようになった。

その頃に見沼へ田んぼ見物に行って帰ろうとしたが、駅から遠い所だったので長距離歩行を覚悟した。当時はまだiPhone 4S(iOS 5)であったので麗しの旧マップアプリで検索すると近くのバス停からのルートを案内してくれた。これには多いに助かった。こんな便利なのにiPhone 5にしたがために使えなくなってしまうのは至極悔やまれた。

そんな中、Google謹製のGoogleマップアプリが満を持してリリースされた。

さっそくインストールし、地図には一瞥をくれてルート検索してみたが、電車などの公共交通機関のルート検索では「開始」とか「出発」とかがない。どういうわけか自動車と徒歩には開始をしめす「ナビ開始」「ガイド」があるのだが、電車の場合には該当するモノが無い。なんで差別されているんだ?まさに移動開始なわけだから移動をはじめさせていただきたい。開始しないと案内されている感が無いではないか。

 

それから、Googleマップアプリでは現在位置を青いマットなポッチで示される。これがいただけない。新旧ともにAppleのマップアプリでは現在位置を示すのは光沢のある青いポッチだ。ジョブズ風に言うと舐めたくなるような現在位置だ。舐めたくならない現在位置はダメだw。実用面としては、地図上で光沢の有るポッチは目立つので現在位置がぱっと見で分かる。Googleマップアプリの非光沢の青ポッチでは地図内で埋もれてしまってわかりづらい。

 

さらに、Googleのアプリだって言うのにGoogleマップのマイマップとの連携が無いのが残念だ。旧マップアプリではマイマップとの連携ができるので重宝していた。お出かけの際に訪問地がいくつか有る場合は以下のようにしている。

  1. Mac上のブラウザでGoogleマップのマイマップを作成。
  2. 地図を作るとGoogleマップかGoogle EarthのURLがあるのでコピー。
  3. 連絡先にアドレスを新規作成してコピーしたURLを「国」の欄にペースト。URLはhttpsではじまるがhttpに変更。
  4. iPhoneにて同期。
  5. 連絡先で追加したアドレスのURLをタップ(マップから連絡先をみてもOK)。
  6. 1回は「結果が見つかりません」と言われるが、そのまま[検索]をタップするとズドドドド!と作成した地図の箇所のピンが降ってくる。
  7. ピンをタップしてルート検索ができたりする。

ところが、GoogleマップアプリはGoogleが出したっていうのにマイマップとの連携が無いのが不思議でならない。本家が何をやっとるんだ?まだバージョン1.xではあるが、これは厳しい意見だろうか???

というわけで、Googleマップアプリは良くも悪くもGoogleらしく、それなりに洗練されているが、このオレ様にとっては旧マップアプリの代替えにはならない。と、いいつつルート案内はしっかりしているので消極的にご愛用ではあるのだが……。

それから、Googleマップアプリはまだまだで、やはり旧マップアプリが良いと思ったのは乗り換え地点で再検索できるところだ。Googleマップ(というかジョルダン?)のルート案内は余裕があるので、必死こいたり運がよければ案内よりも早い電車などに乗ることができる。逆に運悪くトラブルなどで電車が送れることもあろう。

そんな時に旧マップアプリであれば時計のアイコンをタップするとその時その場所からのルートを再検索してくれる。これが何気に便利だ。

そして、既述のナビ開始にも通じるのだが、旧マップアプリはリアルタイムに連動する地図とルート案内を見るのが楽しい。

うむ、そうだ楽しさだ。連動する地図とルート案内がゲーム感覚のような楽しさを醸しだしているのだ。ナビ開始もゲームスタート!という感じだ。ルート案内ゲームみたいな。そういう遊び心が欲しいのである。それでいて必要にして十分な機能を有していたのが旧マップアプリなのだ。そこがそんじょそこらの地図・ナビアプリとは一線を画すAppleの真骨頂と言えよう。

なんだか取留めがなくなってきたのでまとめますと、地図は今のでいいから旧マップアプリなUIでGoogle Mapのマイマップに対応してー!w

Posted in Apple, iPhone | コメントを書く »