Gon-III Blog

駄文したため候

2012年 10月のアーカイブ

Apple Special Event – October 23, 2012

2012/10/25

だいたいウワサ通りの製品が発表となった10月23日のApple Spescial Evenは久々のライブストリーミングだった。固唾を飲んでご視聴。

このオレ様はiPad miniなんか出やしないと高をくくっていたが、見事に予想を裏切り大発表。iPad miniを掲げて満面のドヤ顔をするフィル・シラーが堪らない。Appleサイトの写真やフィルが持っている手元を見ると、スゴいがんばって握っているように見えるが気のせいだろうかw。

MacBook Proは13インチがRetinaに。残るは17インチだ。Apple社員の皆さんにはがんばっていただきたい。年明けぐらいには、と期待している。

iMacはエッジが5mmでスゴく薄くなったようだが、最厚部は今までと大して変わらないのではないだろうか。残念なのはついにFireWireがなくなってしまったことだ……。

さて、はっきり言ってiPad miniはかなり物欲をそそるが、iPadと同じで使いどころが思い当たらない。iPadはゲームをやったり職場でスケジュールを管理したりなどがんばって使っている。そして、移動中や外出先ではiPhoneだし、我が家ではMacだ。はたしてどーしたもんか。

それはともかく、イベントでは第4世代のiPadも発表されちゃって、このオレ様がご愛用の新しいiPadは発売後およそ半年で旧モデルになってしまった。しかもこのオレ様が大購入したのは夏だ。3ヶ月ぐらいで旧モデルだ。なんとうことだ。逆に考えるとRetinaで30ピンアダプタのiPadはレアと言っても良いだろう、などといって一心不乱に自分を納得させるのに一苦労だ。

第4世代が発売されたというのに2世代前のiPad 2はまだ併売するという……。そうやって第3世代のiPadは無かったことになっても構わない。何故ならば、このオレ様のiPadは永遠に「新しいiPad」なのだから。ちくしょう。

Posted in Apple, iPad | コメントを書く »

iPhone 5を取りに行って来たの巻

2012/10/17

我が家の有線電話はほぼ使われていない。かかってくる電話はアヤシい売り込みばかりだ。そんな電話で安眠を阻害されたことがあり、それ以来は着信音さえならない設定にしてある。さらに雑多な書類などが上に放置してあるというひどい有様だ。一番上はiPhone 5のご予約書類だ。予約したiPhone 5の入荷連絡はご自宅の電話番号を伝えているので、電話の上に置いておけばいいだろうという魂胆だ。

10/4。帰宅し、どうということはないのだが有線電話が気になった。上に置いてある書類をバサバサと退けると留守電のランプが点滅していた。再生するとiPhone 5の入荷のご連絡。こういう時だけは勘が冴えるようだ。

さてiPhone 5はいつ取りに行こう。マップはアレだし三連休のお出かけには慣れ親しんだ4Sを……なんて思ったが、このビッグウェーブに乗らないでどうする。マップならさっそくiPhone 5でテザリングして4Sで試すチャンスぢゃないか。そんなこんなで翌日に受け取りに行く決心がついた。

翌日であるところの10/5にビックカメラへ。予約時とは違う店員さんだがこれまた気さくな感じのお姉さんだ。ひと通りの手続きが完了し開通させるだけになったのだが、盛況なのか1時間ほど作業に要するとのこと。

有楽町、銀座をブラブラして開通までを過ごすことにした。電話機としては後わずかな時間しかないiPhone 4SでTweetしたりInstagramしたりして最期のひとときを共に過ごそう。通信が途絶えたら戻ればよいだろう。

何か良いアクセサリーはないかと思い、アップルストア銀座に行ってみた。店頭には献花。そう、この日はスティーブ・ジョブズの命日だった。

てなわけで奇しくもスティーブ・ジョブズの命日にiPhone 5を手にすることができた。よい一周忌になったと言えよう。

さて、iPhone 4と4Sは一年を待たず買い替えとなった(4の白がなかなか出なかったのが原因だが……)。今度は1年ぐらいは使いたいぞ。

Posted in iPhone | コメントを書く »

iPhone 5を予約しに行ったの巻

9月の最終週にこのオレ様は遅い夏休みを過ごしていた。せっかくの夏休みなのでアップルストア銀座とかいうところにiPhone 5を見に行った。従来のiPhoneに比べ1cmほど縦長になったiPhone 5はその数値以上に縦長感があった。持ってみると非常に軽い。仕事で様々なスマートフォンをいじってきたが、あまり軽いとチャチさが醸し出される。しかし、iPhone 5はあまりそういう感じはしなかった。ホワイトに限ったことだが、メタリックなパーツは金属でできているからだろうか。

などと思っていると、体が勝手にビックカメラへ出向き、auコーナーでiPhone 5を所望した。

しかし、その日はiPhoneの在庫はなく予約のみであった。案内されるがままに予約受付カウンター席へ。ご予約するiPhone 5の色はホワイト、容量はいろいろ思うところがあったが64GBと決めて席で待っていた。

暇なのでコッソリと横の席の様子を窺うと予約の終盤に差し掛かっているようだ。そして「色はホワイト、容量は32GBでお願いします。」とお客人の聞こえてきた。

32GB……??。ぐぬぬ。このオレ様はホントに64GBでいいのか?そんな疑問がもたげ始めたときにご対応してくだされるお姉さんがご登場。開口一番「色と容量はお決まりですか?」とお尋ね。「実はこの期に及んで悩み始めてしまいまして……」と素直にいまの心境を吐露した。「では、はじめにご予約の説明などをしますね」とお姉さんは必要な書類を集めてきて予約手続きを始めた。

一通りの手続きが済み、あとは色と容量だ。するとお姉さんはちょっとおどけた口調で「さあ!ついに来てしまいました。色と容量デス!!」なんて言ってくれた。

なんて気さくな店員さんなんでしょう。そんなお姉さんに見栄を張ったわけでなく当初の通り64GBでご予約を済ませた。

iPhoneの入荷までどのくらいかかるか聞いてみると二、三週間とのこと。そんなに急ぎてはないし、その間にバンパーでも出てくれたら(←出るもんだと思い込んでる)ありがたい。

Posted in iPhone | コメントを書く »