Gon-III Blog

駄文したため候

2010年 11月のアーカイブ

Sling Load Bagに装備品を入れてみた

2010/11/07

さぁ、装備品を入れてみよう。

その前に、カメラとレンズを仕込むエツミ謹製のクッションボックスを並べて比べてみた。

SPEAR Sling Load Bag

あれ?チョット小さい?

エツミのクッションボクスの内寸は10cm。バッグの奥行は15cmでオーガナイザー部分があるから、その部分を差し引いて…。うーん、意外にクッションボックスに膨らみがあるようだ。

とりあえず入れてみた。やっぱりちょっと小さいか。若干、オーガナイザー部分を圧迫してしまうが、まぁ入れられないこともないからこれはヨシとしよう。

SPEAR Sling Load Bag

それから、その他の装備品を入れてみた。細かい財布などはオーガナイザー部分へ。水筒と折畳み傘をメイン部分に入れてみた。バランスを考えてカメラは中央に。まだ余裕はある。レンズならもう一本ぐらいは入りそうだ。

SPEAR Sling Load Bag

パッドは背面のみで、他はナイロンだけなので、カメラバッグとしては心持たないだろう。しかし、クッションボックスをご愛用の、このオレ様であれば、これでいいかなと。容量的にはレンズをつけっぱなしのカメラ一台のこのオレ様の装備ならコレで十分だ。逆にいうと、レンズが増えたら考え物だな。

このバッグは防水、防雨的なことは考えられていない。しかし、幸か不幸かこのバッグで出かけた際には、あまり雨にふられるコトはなかった。まぁ、傘を持ち歩いているので何とかなるだろう。

ところで、これに限らずTimbuk2の時にも思ったのだが、精密機器を運ぶには、頼もしいインナーバッグと使いやすくてお気に入りのバッグの組み合わせが良いような気がする。

さて、このバッグについて書き始めたのは、バッグを物色中の暑い夏だった。それがもたもたしているうちに、寒さがこたえる季節になってしまた。

カメラバッグとしての出番は来年までないだろう。その間は普段使い用にでもしましょうかね。だってもったいないじゃん。

Posted in Goods, カメラ | コメントを書く »

Sling Load Bagを大購入

2010/11/03

大購入したSling Load Bagはフォリッジグリーンだ。その他に黒とカモフラージュの三色展開。

黒は暑苦しいのでパス。最近の撮影時の衣装は動き易さなどを考慮して、ミドルカットのアウトドアシューズとカーゴパンツが多い。こんな格好でカモフラのバッグを担いだら完全に軍人だ。ということで、消去法でフォリッジグリーンに決定。でも、こんな色じゃ軍人みたいなもんか。

それはさておき、バッグはモールシステムとやらに対応していて、サイドのポケット部分や前面にポーチなどを装着するためのベルトが縫い付けられている。そのモールシステム対応製品でなくても、結んだり引っ掛けたりなどいろいろと使えそうだ。

SPEAR Sling Load Bag

左右のサイドポケットは見かけによらず容量がある。500mlのペットボトルも入る。全部は収まる切らないが、つっこっんでおくには十分だ。

SPEAR Sling Load Bag

前側のファスナーを開けると、いわゆるオーガナイザーと言われる細かいモノを収納できるようになっている。

購入する時に、お店の人が言っていたのだが、通常のグレゴリーバッグは細かい収納が少ないが、このシリーズは収納が充実しているという。確かに、必要にして十分な構成だ。すばらしい。

SPEAR Sling Load Bag

左側からファスナー付きのポケット。幅は全体の半分ぐらいあるので、結構大きめ。

中央から右寄りには、マチ付きのケータイなどを入れられそうなポケット。例によってiPhoneを入れるには小さい。写真ではiPod nanoが入った巾着袋を入れている。この下側もポケット状になっている。

で、右側はペンホルダーってまたペンホルダーかよ!w。Timbuk2もグレゴリーも海外のメーカーだが、そんなに外国の方はペンホルダーが欲しいのかね?w

縫い付けてある糸をとってしまおうと思った。しかし、このおれ様にはそんな根性や度胸は備わっていない。ペンなんかポケットに引っ掛けておけばいいんだけどなぁ。

その下は大きなポケット。ベルクロで留めるので出し入れが容易だ。そしてフックが付いている。

メイン収納部内はポケット類などはない。この潔さがいい。写真じゃわかりにくいと思うが、背面側にはそんなに厚みがある訳ではないけれどもパッドが入っている。このようなパッドはここだけで、他は500デニールのコーデュラナイロンのみ。

SPEAR Sling Load Bag

背面の外側はスナップボタンを備えた大きなポケット。A4サイズが入る。A4のクリアファイルを入れておきたいのだが、チョイときびしい。もうチョットボタンの位置が上に付いていて欲しいな。

SPEAR Sling Load Bag

チト気になるのは、底に穴が空いていることだ。もちろん不良品と言うことではなく、このようなデザインだ。だが、ここから異物が入りそうだし、金属のハトメが施されているので、中に入れたモノが傷付いてしまわないか心配だ。対処策として、使うのがちょうど暑い時期と言うこともあり、タオルや着替えなどを持って行くので、これらを下に入れるようにしている。こうすることで、鳩目との接触は防げるが、異物進入は油断の余地を許さない。何かいい塞ぎモノがないか物色をしている。

SPEAR Sling Load Bag

Posted in Goods | コメントを書く »

カメラ搬送用ショルダーバッグを求めて

2010/11/02

このオレ様がカメラ撮影時に装備品を運ぶには、通常はデイバッグをご利用だ。しかしながら、汗かきオジサンであるからして、夏場にデイバッグを背負っていたりすると背中がビショビショになってしまう。かくして、夏場はショルダーバッグをご利用したいワケだ。

どっかで見たような書き出しだが、そんなこんなで今年の夏のはじめあたりに夏期カメラ装備搬送用のショルダーバッグを物色した。要件としてはカメラ+レンズはエツミ謹製のクッションボックスに入れているので、これが十分に入ること。夏場なので水分補給が必須ということで、水筒が入ること。というか、カメラ以外にも雑多なものが入れられたらいい。

そんなバッグならすぐに見つかるだろうと思っていたが、予想以上に難航を極めた。

カメラ用と謳っているショルダーバッグは、内側にクッションがついてたり 、カメラやレンズを入れやすいように仕切りがついている。まぁ、カメラバッグとしてはあたりまえなのだが、このオレ様はエツミ謹製のクッションボックスをご愛用なのだよ。クッションは良いとして、もう仕切りなどは要らんのだ。

それから、その仕切りやなんやでカメラしか入らんようにな想定のバッグになっている。水筒とか入れたいのだが。

さらに、ショルダーバッグということで、メッセンジャーバッグ系が多い。すまん。メッセンジャーバッグとは相性が悪いのだ。

でわ、クッションボックスもあることだし、カメラ用にこだわらなくてもいいのでは?と思って普通のショルダーバッグをあたってみたが、極まりの難航になった。クッションボックスの内寸は高さx奥行きx幅=19x10x17cmほど。すなわち上から見ると10x17cmだ。故にこれを入れるには10数cmのマチのあるバッグでなければならない。ところが、なかなかいいサイズのバッグにお目にかからない。たいてい10cm以下だ。大きめだと通り過ぎてボストンバッグのようなモノになってしまう。

ありゃありゃ困ったぞ。こんな時は原点に帰ろう。通常、このオレ様がカメラ撮影時に装備品を運ぶデイバッグはグレゴリー社製だ。よし、グレゴリーのWebサイトをチェック!

ぬぬ?ミルスペックの基準を満たしたSPEARシリーズとなっ!この中のSling Load Bagが奥行き15cmではないか。これは良さ気。

とにかく実物を見てみたい。めぼしいところを回ってみた。

正規輸入元がエイアンドエフなので新宿の2店舗ほどまわったり、その足でL-Breathや東急ハンズに行ってみたがどこにも置いてねぇw。Timbuk2といい、なんでこのオレ様が欲するバッグはどこにもねえええええんだw。ある店では同シリーズの他のバッグは置いてあるのに、おれ様のご要望であるSling Load Bagはないと言う始末だ。くそう。

こうして、苦難を乗り越えようやく発見したのは上野のアウトドア用品店と銀座のエイアンドエフ。アウトドア用品店の展示品は、ずいぶんくたびれていた。所望してそのくたびれたバッグを提供されては困るので(「キレイな商品を出して欲しい」と言えない小心者なので)銀座のエイアンドエフで大購入。

しかし、カバンを買う時はいつも苦労が伴うのはなぜだろう?w

GREGORY SPEAR Sling Load Bag

Posted in Goods, カメラ | コメントを書く »