Gon-III Blog

駄文したため候

2008年 08月のアーカイブ

ちどり屋さんで手ぬぐい買った

2008/08/31

今日はまともに久々に晴れた。

ホントは涼を求めたいところだが、人へ贈り物をするために「ちどり屋」という手ぬぐい屋さんへ行った。

浅草線の人形町駅から向かった。A5の出口に出て、そこから水天宮前交差点へ向かう。本屋さんの角を曲がってすぐの交差点を左にいくとすぐあるのだが、控えめにひっそりと営業中で見逃しそうになった。

お目当ての手ぬぐいを見つけて会計をしようと思ったのだが、自分用にも欲しくなり買ってしまった。

贈り物用に包装してくれるのでありがたい。手ぬぐいを手提げ袋のいれてくれてさらに、雨用にカバーをつけましょうか?訪ねてくれた。何とも気が利くお店だ。ただ、そのときはスゴく晴れていて雨のカバーがついた手提げ袋を持ち歩くのは気が引けるので、丁重に断りそのままの手提げを受け取った。幸い雨に降られず家に到着した。

今日は営業していたけど、てんちょさんのブログによると9月からは日曜日はお休みになるとのことです。あぶねーw。

Posted in 雑談 | コメントを書く »

涼を求めて2008—その7:「舟越桂 夏の邸宅」展

2008/08/30

暑いっつーか雨に降りに降って湿度が高くて堪らんので「舟越桂 夏の邸宅 展」に行ってきた。

実は、雨降りだし、どうしようかと思っていたけど、「舟越桂 版画の領域」と題した記念講演会が17:00からあるので行ってみることにした。

舟越桂の人となりはよく知らなかったが、この方の手がける木彫は目にしたことがある。この展覧会では木彫のほかに講演会の題にあるように、版画やドローイングもあった。木彫の習作のドローイングなどもあり比較できて興味深い。中には絵画に木彫のためのメモ書きなどもあったりした。

やはり、木彫に興味が引かれる。こんな人が実際にどこかにいるのではないか?と思ってしまう。横から見ると意志を持って何かを見つめている様だ。しかし、正面に立って目を合わそうとしてもそれはできない。どこを見ているのだろうか?

8月25〜31日までは20:00までやっているので、講演会の後にも展示物を見ることができた。講演会の前もあわせて数回会場を巡回して鑑賞した。何度見ても飽きなかった。

この「舟越桂 夏の邸宅」展は9月23日まで。

Posted in Exhibition | コメントを書く »

涼を求める必要もなく……夏〜その3「Leopardのインストール」

先週の日曜日は暑くもならズ涼を求めるほどでもなかったので、家に引籠り、ハードディスクの換装も済んだことだし、Leopardのインストールを敢行した。

Leopardは発売日に買ったのでおよそ10ヶ月目にしてようやく、G5にインストールするのだ(MacBook Proにはインストールしたけど)。そして、Adobe Creative Suite 3 Design Premiumも買ったのでこれもインストール。

まずは、各種バックアップだ。SafariのブックマークやアドレスなどはMobileMe—いやあえて.Macと言おう—でSyncで済むモノはやっておく。その他はモバイじゃ無くて.Macで提供されているその名もBackupでやる。バックアップするのは「Mailのメッセージと設定」「iTunes プレイリスト」「キーチェーン」ぐらいなものだが、POPメールが容量が多い野で時間がかかる。

さて、インストールはまっさらにしてクリーンインストールをしたかったが、アプリの環境引き継ぎなどあるので、アーカイブインストールをした。

Leopardのインストールとモバイじゃなくて.MacのSyncとBackupでデータを戻し、CS3のインストール。それからiLifeとiWorkもあった。その他常用ソフトもインストール。これらインストールしたアプリのアップデートの更新をしていつもと同等の環境に整うまでに約8時間ぐらいかかった。CS3はAcrobatが9 ProになってFireworks CS3もついてきたのでさらに時間がかかった。

そして、ようやくようやくオレ様のG5はLeopardと相成った。

ところで、冒頭でも少しふれたが、G5はTigerでMacBook ProはLeopardという状態が春頃から続いていた。G5は自宅、MacBook Proは持ち歩いて職場などで使っていたが、OSの違いを意識せずに操作していることに気づいた。これは特筆すべきことだろう。

Leopardの方がSpacesやヘルプの検索機能など新しく追加された機能があるが、それらの機能があれば便利に使えるし、なければなしでTigerではそれなりに使える。しかも、Leopardで新機能のUIは邪魔にならない。

職場はWinな会社なのであてがわれたマシンではXPを主に使っている。検証でvistaをいじることがあるが、何がどこにあるかさっぱりわからない。せっかくUIを新しくしても「クラッシック表示」なんて表示項目があるのはいかがなものか。

「Macはユーザーフレンドリー」なんて使い古された言い回しだが、まさにその言葉通りだと思った。

MSもVistaのUIを一生懸命考えたんだろうけど、なんだかあさってな方向に向かっている様な気がする。初めて使う人にはいいのかもな……。なまじ旧OSのことを知っているばかりに先入観があり「あの機能はここのメニューから」などと思い込んでしまう。

さてさて。一応Leopard化は済んだのだが、何か忘れ物がありそう。ま、アーカイブインストールなので、アーカイブされたPrevious Systemsフォルダから探し出せばいいだろう。そういえばインストーラーでは「アーカイブインストールでは旧システムフォルダができるよ」みたいなことが書いてあったが実際には「Previous Systems」フォルダだ。最初見たときわからず失敗したと思ったw。

Posted in Apple, Mac | コメントを書く »

涼を求めて2008—その6:ヴィジョンズ オブ アメリカ 第1部 星条旗

2008/08/23

涼を求めて、ってほどの気温ではなかたったというか、秋のような気候だったが世界報道写真展2008に行ったときにチェックしていた「ヴィジョンズ オブ アメリカ 第1部 星条旗」に行ってきた。昆虫の写真展も見たかったけど、先週で終わってしまった。

ヴィジョンズ オブ アメリカは3部構成で8/30から「第2部 わが祖国」、10/25から「第3部 アメリカン・メガミックス」が開催される。各部の料金は500円だが、1,100円の全3部の共通チケットもある。この共通チケットを買った。

さて、展示内容はフランスで発明され、19世紀にアメリカにやってきたダゲレオタイプの写真から20世紀ごろまでの写真を見ることができる。

ダゲレオタイプからティンタイプ、鶏卵紙そしてゼラチン・シルバー・プリントなどと写真のタイプの移り変わりも面白い。

第1部は8月23日まで。急げ!

Posted in Exhibition | コメントを書く »

涼を求める必要もなく……夏〜その2

何だこの過ごしやすい天候は。これが先週だったら汗だくでハードディスクを換装することもなかったのに〜〜ぃ。

ということで(?)本日は歯医者に行った。昨日、湿気った雷おこしを食べたら銀歯が取れてしまった。ちょうどそこら辺がたまに痛むことがあるんでついでに看てもらった。

銀歯の取れた歯が虫歯になっているとのことで麻酔をして削って型を取って後は来週。治療した歯は右の下なんだけど、下唇の右側にも麻酔が効いていて治療中に口を濯いだときにそこら辺から含んだ水がこぼれて情けないことになってしまった。

まだ、麻酔が効いている。お医者様によると2時間ぐらい効いているので口の中を噛まないようにとのこと。

さて、先週にハードディスクを新調したことだし、いよいよLeopardにでもしようかと。バックアップの物色でもしようかな。

Posted in 雑談 | コメントを書く »

涼を求める必要もなく……夏

2008/08/17

今日は過ごしやすかったですなー。

そんな本日は姉夫婦のところに昨年末生まれた赤ちゃんに会いに行った。生まれたときに病院へ会いに行ったけどガラス越しだったのでリアルに会って触れてみるのは初めてだ。

母と行ったのだけれど見慣れないヒトが二人も現れて驚いたのかよく泣いていた。しばらくすると慣れてきたのか笑顔も見せるようになった。

ミルクを飲んだ後は、すやすや寝てしまった。よく泣いたし、涼しいから寝やすかったのだろう。

写っている木のおもちゃは今日のお土産。気に入ってくれるかな?

子どもはいいやね。

Posted in 雑談 | コメントを書く »

Power Mac G5のハードディスクを換装してみた

オレ様の愛機であるところのPower Mac G5の最終モデルの為にSeagateのハードディスクを買ってきた。

G5には2つのハードディスクを仕込んでいる。ひとつは元から入っているやつでOS専用、もうひとつは自分で増設したデータ置き場だ。

増設してあるハードディスクはSeagateの300GBだ。このハードディスクが手狭になってきたので、これまたSeagateのなんと1TBバイト(ST31000340AS)を買ってきたしだいだ。

さて、その1TBハードディスクだが、バルク品なのだけれどもこんな箱に入っている。

バルク品のハードディスクというと、たいてい半透明の銀色のビニール(?)に入れられているのに、こんなチャンとした箱に入っているのでビックリだ。裏面は保証書も兼ねていて「RMA登録しないと保証は受けられないよ」というようなことが書いてある。RMAってなに?ホームページアドレスなども書いてあるので後で見てみよう。というかバルク品で保証が受けられるのか。すごいな。

本当は増設と行きたいところだが、G5にはHDスロットが2つしかない。そこで、300GBと1Tを換装する訳だが、その前に300GBにあるファイルたちを1TBに移さねばならない。外付けHDケースを使うなどいろいろ方法を考えたが、MacBook Proもあることだし、G5をターゲットディスクモードで起動する手法をとってみた。

  1. G5を開腹
  2. OSのディスクを抜き、そこに1TBを装着
  3. MacBook ProとG5をFireWireでつなぐ
  4. MacBook Proは普通に起動。G5はターゲットディスクモードで起動
  5. MacBook Pro上でG5のハードディスクの中身をコピー
  6. コピーが完了したら300GBのハードディスクを抜く
  7. OSのディスクを装着し、1TBディスクでご利用開始

手順としてはこんな次第だが、その前にG5周辺の整理と掃除が必要だ。この夏の暑い時期に大仕事である。しかも、どういうわけか午後になってからやる気を起こしてしまった。「涼を求めて(1 2 3 4 5 6)」なんてことをやりたいのにどうなってんだ。クーラーのない室内で重労働をしては熱中症になりかねない。死を覚悟したw。幸い、天気は曇りがちで風も吹いていたのでしばしベランダに出て休息するなどした。

掃除も終わり、テーブルなどは作業しやすいように配置した。G5の開腹してハードディスクを取り出す。上下2段に配置されている。上がOSのディスクだ。コネクタをはずして取り出そうとしたができない。ぬぬぬ?下も外してみるか。そしたらガコっと外れた。よくみると、ハードディスクを通すレールが3つある。ハードディスクは2つしか入らないのになぜ?

さらによく見るとナゾが解けた。レールを通すためにハードディスクにネジを前後に装着する。一番下はそのまま下段ハードディスクのレールだ。2段目のレールは上段ハードディスクの後部のネジを通すレールだ。これが中程で上がり上段に配置し、そして3段目のレールに前部のネジを通すのだ。グレンダイザーみたいなモノだ(違。なので下段のハードディスクを外した上で上段も外すのだ。よくできてるなぁ。

ハードディスクを装着する仕組みもわかったことで、300GBと1TBを装着した。蓋も閉める。そういえばターゲットディスクモードで起動するにはキーボードの「T」を押しっぱなしにし起動させる。いまんとこG5はワイヤレスキーボードだ。不安だw。ということで、G4のUSBキーボードを引っ張りだしてきてつないだ。これでG5の準備完了。

そして、MacBook ProとG5をFireWireでつないでMacBook Proを起動。そしてG5を「T」を押しながら起動。

おーっと、FWディスク登場!

そしてディスクのセットのお知らせ。さすがバルクディスクw。

[初期化…]ボタンを押すとディスクユーティリディーが起動した。[パーティション]タブでパーティションを設定することでフォーマットが行われる。

ディスク名は旧ディスクと同じにした。iTunesのライブラリやiPhotoの写真などはデータ用ディスクに入れている。アプリ側はおそらくパスを見ているだけなので同じディスク名にしておけばディスクが変わってもちゃんと見に行ってくれるだろう。たぶん。

これで準備は整った。後はコピーするだけ。うりゃ!

ぬ?じゅ、16時間?まぁ、この手の時間は表示よりも短くなるのが常だ。だが、数時間はかかるだろう。腹は減るし家にいても暑いだけなのでMacはこのまま放置して食事とちょいとした買い物に出かけた。

帰ってきてもまだコピーしている。残り12時間。4時間ぐらいで帰ってきたので計算通り♪ってマジかよw。

これは夜通しコピーさせるしかないな。寝るときが大変だ。いつもと配置が違う。寝相が悪いのでMacや電源ケーブル類、FireWireケーブルに触れないように布団を敷かないと。

朝起きるとコピーは終わってたw。しかし、出かけなきゃいかんので電源落として休憩。

帰ってきて、ハードディスクを入れ替えて起動。ちゃんと動いた。iTunesもiPhotoもちゃんとライブラリを認識している。それからテレビ視聴のStationTVもちゃんと録画したライブラリを表示した。

あまってしまった300GBのハードディスクはしばらくとっておこう。バックアップみたいなもんだ。しばらくして問題なかったらハードディスクケースでも買って活用しよう。300GBだもんなぁ。もったいない。

そうだ来週にはLeopardにアップデートしよう。G5はまだTigerだよw。

Posted in Mac | コメントを書く »

涼を求めて2008—その5:特別展「対決-巨匠たちの日本美術」

2008/08/10

体調もそこそこ快復したので東京国立博物館で開催されている「対決-巨匠たちの日本美術」に行ってきた。

涼を求めるこのシリーズだが本日は昼頃まで寝ていたw。この数日に比べると過ごしやすい気温だった。でも、暑いことには変わらないので東京国立博物館に行くことにした。

洗濯をして途中で食事をしてから会場に着くともう午後4時。土・日・祝日は午後6時までやっているので、余裕だろう。

さて、この特別展は中世から近代までの巨匠たちを2人づつ組み合わせ、「対決」させる形で絵画などを紹介する形式だ。円山応挙と長沢芦雪の師弟対決や雪舟等楊と雪村周継のように直接のつながりがないけどの対決だったり、実際に同時期に活躍した狩野永徳と長谷川等伯の対決など面白い試みだ。

でも、本人たちからすると「対決ってナニよ?世界最強虫王じゃないんだからw」って感じかも知れないw。

何を隠そうよく知らない巨匠もいるので音声ガイドを使った。この音声ガイドの声優陣は古川登志夫だの小林清志だの岩本規夫だのとなんじゃこりゃ?ってほど面々だ。聞いていて面白かった。

楽しんで見ていたけど終わりの方で閉館の時間になってしまった。多少許容範囲だけれどもだんだんと職員の方々が迫って無言の圧力をかけてくる……。やっぱ2時間じゃ見切れなかったなぁ。

8月17日(日)まで。

Posted in Exhibition | コメントを書く »

涼を求められなくて…夏

2008/08/09

昨日から風邪で体調を崩してしまった。お腹はぴーぴーだし寒気はするし大変だわ。

今日になり少し治まったけど、病院へ行った。そしたらこのような症状が流行っているとのことだ。皆様お気をつけを。

というわけで、涼を求めてシリーズだが、本日はまともな行動は出来なかった。

ま、病院の待合室は涼しかったけどw。

Posted in 雑談 | コメントを書く »

涼を求めて2008—その4:「青春のロシア・アヴァンギャルド」展

2008/08/03

本日はBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「青春のロシア・アヴァンギャルド」に行ってきた。

ロシアの芸術はあまりなじみのない印象があるのでどんなものか。

展示は各テーマで作者ごとの陳列になっていて作者の解説が詳しく説明してあり大変見やくわかりやすかった。

気になった作品。

  • 煙草を吸う人物:イヴァン・クリューン
  • ギター:リュボーフィ・ポポーヴァ
  • 女たちと果実(モデルたちと共にいる自画像):アリスタルフ・レントゥーロフ
  • 刈り入れ人:カジミール・マレーヴィチ
  • 農婦、スーパーナチュラリズム:カジミール・マレーヴィチ
  • 色彩のコンポジション:アレクサンドル:ヴェスニーン
  • 労働者:ヴラディーミル・ステンベルグ
  • 美の賞賛。凹面の立像:アレクサンドル・アルキペンコ
  • 女漁師たち:アレクサンドラ・エクステル

その後は、諸事情により贈り物が必要になったので物色しにLOFTへ。

んー、なんというか相手が喜びそうなものが見つからないというか思いつかない。明日にでも他の人に相談してみましょうかね。

Posted in Exhibition | コメントを書く »