Gon-III Blog

駄文したため候

Photoshop のアーカイブ

「Adobe Photoshop Express」ベータ版公開

2008/03/29

去年、リリース予定を発表していたウェブアプリ版のPhotoshop「Adobe Photoshop Express」が公開!多分に漏れずベータ版!

ここに発表時のことを書いたがもう1年前以上だ。すっかり忘れてたよ。

と言うわけで、嬉々としてJoin Nowしてみた。

Photoshop Express

まず登録情報。共有のURLは「gon-iii」としたかったけどハイフンが使えなかった。
お国はUnited Statesしか今のところ選べない。が、選んでそのまま進めばできる。
そのほか、諸々記入して左下のチェックをつけてContinueボタンをクリック。

Photoshop Express Membership

ほとんど出来たよと。そしてすぐに登録したメールアドレスにメールが送られてくる。そこに書かれているURLをクリックする。URLは発効後24時間有効なので、素早く行おう。

You’re Almost Done!

おめでとう!だってさ。Sign Inボタンをクリック

Congratulations!

Sign In画面になる。前の画面でサインインできりゃいいのにな。

Sign In

サインイン時のトップページが表示される。
自分の写真やギャラリー、他の人が公開しているギャラリーやアルバムをブラウズするためのリンクがある。

やはり「Quick Start」に目がいく。「Upload Photos」をクリックして写真をアップロードするようだ。

Hello

Posted in Adobe, Photoshop | コメントを書く »

Photoshop World 2007

2007/10/27

昨日、一昨日とPhotoshop World 2007に行って来ました。
やはりお目当ては最初の基調講演。ラッセル・ブラウンとフォトショップの生みのであるノール兄弟が講演するのである。これには参加の意欲も気合いが入るというものだ。
ところが、家を出るのが遅くなってしまい会場に着いた時にはすでに基調講演は始まっていて最初のトーマスさんのスピーチは終盤に差し掛かっていていた。
着席したのは会場の端の方。しかしスクリーンが3つほど用意されているので不便はない。

次にアドビの栃谷さんのスピーチ。Photoshopはいままでの無印Photoshop、CS3から登場したPhotoshop Extended、コンシューマー向けのPhotoshop ElementsそしてPhotoshop Lightroom。このPhotoshopファミリーのロゴマークが発表された。ちょっとイマイチかなw。

次にこれから登場するノール兄弟の紹介をしていた。スクリーンに二人のスライドを映し経歴などを説明。
すると、どこからともなくかなり体格のよい二人の男性外国人がオレ様の左斜め前方に着席した。この二人、ノール兄弟に似てるな。スクリーンに映っていると見比べる。二度見した。ホンモノぢゃねーか!これからステージだと言うのにこんなところでなにやってんですかw。

気になってチラチラ見ていると(←失礼ですよね。スミマセン)、ラッセル・ブラウンぢゃなくてアドビワン・ケノービの登場。するとノール兄弟は席を立った。

アドビワン・ケノービとダース・ベーダーの小芝居wが終わるとトーマス兄弟もステージに登場。あとアドビワン・ケノービの相方はいつもの遠藤さん。
フォトショップの歴史やはじめてPhotoshopが映画で使われたアビスについてなどのインタビュー形式。

その後に映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」で第79回アカデミー・視覚効果賞を受賞したジョン・ノールによるメイキング秘話を披露。

最後にラッセル・ブラウンとノール兄弟の撮影会。なかなかこの顔ぶれは揃わないということだ。変な黒い人が混じってますけどw。

pw2007_1.jpg

2日目は『ラッセル・ブラウン ショー』。
時間ギリギリに(この日もかと言う感じだが)会場に着いたら、ラッセルさんは入り口で既にスタンバっていた。
受講票を係の人に見せていると「オハヨーゴザイマス」と挨拶をしてくれたw。
そして、ショー(あえてセッションとは言わない)の内容はあいかわらずいつもの調子で遠藤さんとのの掛け合いが絶妙でおもしろい。ショーのあとにはお客さんの質問に個別に答えてくれていた。

pw2007_2.jpg

さて、今年のPhotoshop Worldは去年はコスプレが横行wしていたりとかなり遊び心があったイベントであったが、今回はテーマは「鉄則」ということでいたって普通のセッションになっていたようだ。

あと、去年の袋とは違って至ってシンプルなモノに。つか普通過ぎるなぁw。

pw2007_3.jpg

Posted in Photoshop | コメントを書く »

Photoshop CS3は2種類で登場

2007/03/09

3月27日発表予定のPhotoshop CS3は通常版とExtended版の2つのエディションがあると発表された。
Extended版は通常のPhotoshop CS3の機能に加え3-Dグラフィックスやモーショングラフィックス、画像測定・解析などが行える様だ。また、建築家、エンジニア、医療、科学者向けのワークフローを簡単にできるとのこと。どんなワークフローでしょうかね?

しかし、Photoshopはこの2種類をはじめElementsもあるしLightroomも「Photoshop Lightroom」と言う名前だし先日のWeb版があるとのことで、ちょっとチヤホヤされ過ぎじゃないか?w

せめて「Illustrator Elements」なんつーのを出してもいいんじゃないかねぇ。
NAPPJに対抗(?)できるようなIllustratorの団体ができると面白そうなんだけどなぁ。「Illustrator World」なんか開催しちゃったりしてねw。Photoshop Worldは出展社やスピーカーの方は写真関係が多かったけど、Illustratorなら文字通りイラストレーターやインフォグラフィックス、印刷関係なんかとかね。

関連リンク:
アドビ、「CS3」で2種類の「Photoshop」を発売へ – CNET Japan
Adobe Unveils Plans for Two Editions of Photoshop CS3 – Adobe Press release
Announcing two flavors of Photoshop CS3 – John Nack on Adobe

Posted in Adobe, Photoshop | コメントを書く »

ウェブアプリ版Photoshopを6ヶ月以内にリリースの計画!!

2007/03/02

アドビ、「Photoshop」をウェブアプリ化へ–無償版として提供予定 – CNET Japan

まぢですかー。そろそろCS3と思っていたらこんな計画もあるんだな。

Adobe Remix同様、ウェブアプリ版のPhotoshopは、通常のPhotoshopや「Photoshop Elements」など、同社のより洗練された画像編集ツールの無償入門版として提供される。Chizen氏は、Photoshopサービスではネット広告で収益を得る考えだという。

収益は広告収入ということで、PhotoshopのWeb版ならBridgeにもあるような画像素材とかロゴのためのフォントであれば非常にマッチしたものになるだろう。

それから PhotoshopCS はもとより Photoshop Elements の無償入門版ともいうことであればあまり凝ったことはできないのかな。ざっと思いつくままに搭載されるであろう機能を列挙してみた?

  • リサイズ
  • トリミング
  • ちょっとした画質調整(Photoshopのシャドウ・ハイライト)
  • ちょっとだけフィルタ(シャープ、アーティスティック、スケッチ、テクスチャからちょっとづつ)
  • 赤目軽減
  • モノクロやセピアの自動変換

こうしてみるとAppleのiPhotoの編集機能をさらに簡易にした感じではないかと予想する。それとももうちょっとがんばるのかな。

Webのサービスなら画像を預けておいてウェブアプリ版Photoshopで加工して、さらに「PhotoshoBlog」とか言う名前でフォトブログが簡単に出来ると面白いかもしれない。

Photoshop.comとかのドメインなら嬉々として使っちゃうんだけど。www.photoshop.comにアクセスするとPhotoshopCS2のページに飛ばされるなぁ。なるほどw。

Posted in Adobe, Photoshop | コメントを書く »

受講受難の日

2007/02/15

本日はAdobe PhotoshopユーザのためのFlash入門講座へ。

Flashをふんだんに使ったサイトはウザいモノが多いのでFlashを毛嫌いしていたが、そろそろそうとも言ってられないような気がしてきた昨今にちょうどいいセミナーなので息巻いて出場した。会場は六本木ヒルズ。東京の田舎者のオレ様は六本木なんか来慣れないので緊張する。

しかしながら、最近どうも良く眠れず仕事中も気絶をしてしまうこともしばしばなのである。今日の最初のセッションであるFlash入門講座もたぶんに漏れず、半分ほど居眠りとなってしまったw。
このセッションがお目当てなのに何とも勿体無いことをしてしまった。

睡眠を取れたのか次の株式会社アマナのWebプロモーションのセッションは寝ずにすんだ。しかし、事例としてあげているFlashを使ったWebサイトの音(BGM)が気になり講師の方の話に集中できなかった。これだからFlashサイトは……。
BGMもそうだが、マウスオーバーやクリックしたときに音が出るのは何なのか?このご時世、iTunesで音楽を聴きながらとかテレビ見ながらウェブブラウジングすることは想定できるだろう。しかしウェブサイトの都合(自己満足?)で音が再生されるのはユーザーにとって不快であること以外に何者でもない。

さて最後のセッションなのだが所用で始まると同時に会場を後にしなければならなかった。せっかく、寝不足も解消したと言うのに残念。

さて、所用の次はCSS Niteである。今日は受講日和だ。しかしその所用というヤツがなかなか片付かず、銀座のApple Storeについたのはイベントが開催時間が過ぎた19:15分ぐらいだった。途中からでもいいから聞けるだろうと思ったらなんと満員で入れなかった。
しかもこんなときに限って今回のゲストの神森さんのセッションはクライアント案件に言及しての内容が含まれるため資料の配布はもとよりポッドキャスト配信しないのである。なんだかなぁ〜。

なんだかもうやるせないのでMdNの3月号と「ちゃんとCSSするためのスタイルガイド入門」を買って帰ったぜ。どうだ参ったか。

Posted in Adobe, Photoshop, 雑談 | コメントを書く »

Adobe Photoshop CS3 Beta と Adobe Create Suite 2

2006/12/19

PhotoshopといえばAdobe Photoshop CS3 Betaが公開されている。日本語のサイトもオープンされた。が、提供されるのは英語版のみの様だ。Photoshop Worldでもデモってたしそこそこの出来になっているんだろう。この調子で行くと正式版のリリースは遅くても来年の夏ぐらいでしょうかね。

Photoshop CS3 Beta

そんなことを知ってか知らずかと言うか全く持ってご承知の上でAdobe Create Suiteを買ってしまった。CS3の発売発表まで待って無償アップグレードって手もあったけどそれまでは待ってられなかったのよ〜。

Adobe Creative Suite 2 Standard

待ってられなかったくせに買ってから数日経っているのにまだインストールしていないw。

Posted in Adobe, Photoshop | コメントを書く »

Photoshop World 2006 – 午後の部

2006/11/30

基調講演のあとはApertureLightroomのセッションだが2時間ほど空いている。この時間を利用してお昼ご飯を食べることにするつもりでいた。会場となった流通センター周辺にはめぼしい食事処はなさそうなので、かなり時間に余裕があるということもあり2駅離れた天王洲アイルまで出てみようと思った。天王洲アイルはけっこう拓けているのでいろいろお店がありそうだ。

その前に、アンケート用紙と引き換えの抽選会のくじを引く。昔の商店街のクジ引きみたいにガラガラ(?)を回してタマを出すと言うヤツだ。運が良ければMac miniが当たる。しかし今欲しいのはMacBook Proだ。当たったら早速売り飛ばしてMacBook Proの軍資金にでもしようか。しかし、それももったいなぁ〜、なんて考えてガラガラを回すとチュッパチャップスとPhotoshop Worldシールが当たった。ま、そんなもんか。

そしてその足でなぜかメイドカフェがある展示会場をブラブラしていたところCSS Niteでお世話になっている鷹野さんがデモレーターを務める「Photoshop × Fireworks DEBAT / Web制作に最適なツールは どっち?」のセッションがあるのを発見。お世話になっていると言ってもオレ様が勝手にCSS Niteに参加しているだけなのだが。
また、スピーカーはビジネス・アーキテクツの黒田幸彦さんとシリコンカフェの森川眞行さん。森川さんはこの前のCSS Niteで「愛と情熱のウェブサイト」と言うテーマで出演されていた。お話を聞いているだけでパワフルな人だとよくわかる。このセッションの時間は13:35〜14:35まで。これでは天王洲アイルまで行く時間が無くなってしまう。しかし、このセッションは聞いておきたい。お昼ご飯は流通センター内のレストランで済ますことにしよう。ApertureとLightroomのセッションまで30分弱しかないが、それぐらいなら早食いなオレ様なら何とかなるだろう。

セッションの始めに鷹野さんが「このセッションを聞くために今日来た人いますかぁ〜?」と挙手によるアンケートをしたのだけれど、正直に手を挙げずにいたらアドビキャップをもらい損ねた。
それはともかく、今回のテーマであるDEBATな感じはあまり無かったセッションだったけれども、適材適所で使い分けることなど結構ためになる話だった。また、ツールが便利になって時間があるんだからもっとやることがあるだろう、という森川さんの言葉が非常に印象に残った。
結局、やるのは人間なんだな。PhotoshopなどのソフトやMacやデジカメなどのハードを作るのも人間。それを使いこなすのも人間。人間が一番偉いのだ。ソフトやハードなんて言われた通りにしか動かねぇんだから。
セッションは大変盛り上がり時間をオーバーして14:45ごろに終了。お昼ご飯食べる時間がなぁ〜い。しかし、あまりお腹が空いている感覚はないのだ。朝ご飯はバナナ2本だけだったのに。恐るべしバナナパワー。

そして、引き続き「Aperture × Lightroom DEBAT! リターンズ!!」の聴講へ。はじめに、バンダナを頭に巻いて眼鏡でひげを蓄えていて松本零士のような風体の早川廣行さんが登場しこのセッションの趣旨などを説明。そして、永嶋サトシさんを招くとなんとゴダイゴの銀河鉄道999のテーマに乗ってメーテルのコスプレで登場。髭もじゃの永嶋さんがメーテルである。すごいインパクトだ。このぐらいやんないとダメですよ>鈴木さん。

Apertureはよくも悪くも遊び心のあるアップルらしいソフトだということが解った。そして、とりあえずインストールすれば一通りのことはできる。また、やろうと思えば細かい設定で使うことができたりする。
一方、LightroomはPhotoshopを生み出した会社が作っただのことがあり、撮った写真やRAWデータの扱いを効率よく行えるようになっていて、またそれらが非常に解りやすく上手くまとまっている。
しかしながら、このオレ様はRAWに対応したカメラ持ってないのよねw。なんでこのセッションを受けたのか自分でもよく解らんが今後の参考になるだろうし、とにかく面白かったからいいか。

そんなこんなで、オレ様のPhotoshop Worldはおしまい。仕事もあるので二日目は観に来れない。ラッセルさんのセッションは二日目も観たかった。
さて、お土産は協賛や出店しているメーカーのカタログ、そして今月号のコマーシャル・フォト。全員にもれなくなのでけっこう太っ腹な玄光社。
しかし、これらが入っているバッグがのバカでかさはどうにかならんのかw。もう少し、いやもっと小さくて、たまに使えるようなサイズのバッグとかの方がいいぞ。Photoshop Worldっつーぐらいだからカメラマンが多いわけでそんな人たちが撮影に持って行けるようなヤツとかね。
PIEでAdobeブースでもらったLightroomの巾着袋の方が使えそうだ。

photoshopworld2006goods.jpg

そういえばなんか忘れてることがあるな〜。あ、ハラ減った……。

Posted in Exhibition, Photoshop | コメントを書く »

Photoshop World 2006

2006/11/29

Photoshop World 2006

Photoshop world BIG DEBAT conference & expo 2006を観戦。前回よりも狭い会場(だよなぁ)であるにも関わらず、席がずいぶん余っている。大丈夫か?

そんな心配を他所に基調講演は始まる。基調講演の始まりは時代劇をフィーチャーしたPhotoshopWorldのビデオ。そして、NAPPJのCEOの鈴木さんが出て来て「みなさん、カタイです(笑)」と仰ってましたが、どっちかつーとビデオが滑ってたんでは?w
今回のタイトルに含まれているDEBATとはフランス語でディベートと言うことでそのことをネタにしていたけどなんで急にフランス語なんでしょうか。まるでスターバックスのカップのサイズのようだw。
さらに恐妻ではなくて共催のコマーシャルフォトの川本康さんも登場。当初はチョンマゲで登場と言うことらしかったのだけれども両者とも私服で登場。ビデオにあわせて。悪代官と越後屋に扮して出れてくればウケるのになぁ。

それはさておき、次に登場したのがアドビ システムズ社 クリエイティブソリューション事業部門担当上級副社長であるところのジョン・ロイアコノ氏の基調講演。写真や映像の撮影・録音を禁止と言う物々しい雰囲気で行われた。何かものすごい製品の発表でもあるのだろうか。
まずは、Lightroomのデモンストレーション。現在公開されているBeta4に含まれていない新機能を紹介するなど行った。なるほど、こういうことがあるので写真撮影などが禁止なのだな。しかし、オレ様はLightroomを使っていないのでどこが新機能かは不明だった。
次に次期バージョンであるPhotoshop CS3のデモが行われた。なるほどナルホド、こういうことがあるので録音などが禁止なのだな。デモンストレーターはパイレーツ オブ カリビアンのジャック・スパロウに扮したラッセル・ブラウン氏。けっこう似ているw。そして、いつもの翻訳係というかつっこみ係の遠藤悦郎さん。二人は息の合った漫才コンビの様だ。
まずは、ロイアコノさんと一緒にCS3の起動デモ。たった5秒で起動。すばらしい。その他に新しいパレット格納の機能にImageReadyにあるようなアニメーションパレットを見せてくれた。とうとうImageReadyは死亡か。
海賊が中座後、ロイアコノさんが捕捉と言う感じでアニメーションの機能のデモを行った。先ほどのデモで表示されたアニメーションパレットを使った物であろうか。

ロイアコノさんの基調講演は終了し、第二部のRussell Brown Showがスタート。今度は海賊ではなくDr.ラッセルで登場。Photoshopのチップスセッションだからといってメモを片手に見ていては損をする。ここは純粋にラッセルさんのデモを楽しむのが良い。19ものテキストに関するチップスの紹介だった。時間が押して来てちょっと端折っちゃったり、上手く行かなかったデモもあったけど、それもネタにしちゃうぐらいだからラッセルさんはすごい。
ビールは飲めたかな。

午前中からのセッションはこんな感じで終了。

ちなみにラッセルさんのチップスビデオ「Russell Brown Show」がiTunes Music Store のポッドキャストにある。Photoshoperにはためになること請け合いなので必見必読必購読。

Posted in Exhibition, Photoshop | コメントを書く »