Gon-III Blog

駄文したため候

Apple のアーカイブ

Appleプリントサービス終了

2018/12/16

まあ、ブログでも書けよと言うことで、毎年恒例のカレンダー話。

と、言いたいところなのだが今年の9月末でAppleはプリントサービスを止めやがりなさいました。

これは想定していなかった。かなり痛手だ。この時期になれば、例年はカレンダー作りに勤しんでいたのだが……。フォトブックなんかどうでもいいが、カレンダーだけはなんとかと思ったが、そうはいかないようだ。止めてしまうほど利用者は少なかったのだろうか。

9月で終わりということで、10〜11月分は今まで写真から流用して……などと悪あがきを考えたが、そんな中途半端なことはできない。このオレ様のカレンダー作りに妥協は許さない。

そんなこのオレ様のためか、Appleは止めた代わりに写真アプリで使える他社製のプロジェクト拡張機能をご推奨。だけどiPhotoや写真.appとは違ってかなり見劣ると想像できる。おそらく海外のメーカーだろうし、日本からオーダーできるだろうか。フジやエプソンあたりがやってくれるとありがたいのだが望みは出涸らしのお茶よりも薄そうだ。

そんなこんなで、渋々Appleのプリントサービス ページにあるプロジェクト機能拡張のリンクをクリックしてMac App Storeを見てみた。

プロジェクト拡張機能はいくつかあるけど、Mimeo Photosというのが唯一カレンダーに対応しているようだ。またレビューを見ると日本にも送ってくれるようだ。ひとまず安心。

いままではApertureをメインにして、ライブラリが共有できるiPhotoでカレンダーを作成。必要であればLightroomから書き出したファイルをインポートして作っていた。

これからはMimeo Photosが写真.appの機能拡張なので新たなワークフローを確立して使い方にもなれないと。

もろもろヤル気はないけど、成し遂げようという気持ちはある。まずは、写真を整理しつつMimeo Photosがどこまでできるか/できないか試行錯誤していこう。

こんな調子じゃ年内の発注は無理かな。まあいいか(いいのか?w)

macOS – プリントサービス – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/macos/print-products/

写真 App でプロジェクト機能拡張を使ってプリント製品を作成および注文する – Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT208920

Posted in Apple, iPhotoカレンダー, 写真 | コメントを書く »

MacBook Pro(2017)大購入

2018/08/19

まぁブログでも書けよと言うことで、新しいMacBook Proのリリースを記念して(といってもすでに時間が経っているがw)昨年このオレ様が大購入した前モデルのお話。下書きっぽいものを見つけたのでせっかくだから記事にしようw。

最初にMacBook Proを買ってから次は17インチと夢見てきた。
しかし、17インチは廃盤になり待てど暮らせどリリースされることはなかった。

そうこうしているうちにこのオレ様がご愛用であるところのMacBook Pro(2007)は最新OSからも足切りされて、製造中止から7年以上が経過したオブソリート製品の仲間入り。いろいろしんどくなってきた。なにせ10年を過ぎようとしている。

17インチは諦めて15インチモデルを買うことを決意した。何を隠そう初代タッチバーモデルを買おうとしたのだが、Apple Storeの初売りでクーポンがもらえるのを逃して購入意欲がなくなってしまった。

そして、2代目のタッチバーモデル。もう迷っていられないと思いつつどーしよーとか悩んでやっと踏ん切りがついてオンラインのApple Storeで大購入。カスタマイズでモリモリにしようとしたけど、15インチの上位モデルを選ぶとCPUは+22,000円で2.9GHzから3.1GHzにできる。へ?2万円以上も出して0.2GHzとな?対費用効果が感じられそうにないのでCPUはそのまま。ストレージも512GBから増やせるけど、今までのは160GBで10年ぐらいやってきた。3倍ぐらいあれば、あえて増やすこともないだろう。必要なら外付けのストレージなどをご検討すればよい話さ。
というわけで、結局カスタマイズは英語キーボードに変更だけになった。

そんなこんなで、店頭受取りにして大購入。ところが、受取りに可能になった日はなんと台風が迫っていた。幸いにそれほど荒れている様子はなかったので、銀座ストアへ。

MacBook Proの店頭受け取りに来た旨を店員さんに告げる。日本語も流暢な欧米の風貌の店員さんだ。待ってる間、雑談などしているとMacBook Proがやってきた。引渡しは持って来た店員さんがやるようで、最初に対応してくれた欧米な店員さんは購入おめでとうと云う体で握手をしてくれた。

MacBook Proはダンボール箱に梱包されてる。段ボール箱から出すか聞かれたが、面倒だしそのままで良いと告げた。そうすると雨ですし今日はこのままがいいですね、と答えてくれた。

荒れてないとはいえ台風のなかいそいそとご帰宅し、開封の儀。梱包の段ボールはかなりしっかりしている。ちょっとやそっとでは中に影響はないようだ。新品のハードウェアの香りが広がる。

Retinaディスプレイに新しいキーボードを堪能。ざっと一通りいじったところで主に職場での使用をメインと考えているので細かな設定などは追々としよう。

電源を落とそうとしたところで、ようやくTouch Barの存在を思い出した。幸か不幸か、ほぼキーボードを見ずにディスプレイに集中して作業などができるので、キーボードの上に位置するTouch Bar目に入らなかった。

いじってみたが、わざわざTouch Barに手を伸ばすのがおっくうだ。なにせキーボードを見ないといけない。ブラインドTouch Barをやれというのだろうか?w

Posted in Apple, Mac | コメントを書く »

もういくつ寝るとWWDC 2013

2013/06/05

もうすぐWWDC 2013。基調講演は日本時間で6月11日の午前2時と例によって眠い時間。ストリーミングがあるといいですね。

さて、ちまたではiOS7がフラットデザインになるとかでもちきり。しかし、このオレ様としてはホンマかいな?とかなり懐疑的だ。

すでにUIのトレンドとなっているようなデザインをAppleが採用するだろうか?しかもフラットデザインといえばいつも引き合いに出されるのはWindows 8のメトロUIだ。Microsoftの後追いをするようなことをAppleがするだろうか?

Appleが革新的なデザインを出すと世の中のデザインがかわる。たとえばこんなのとかこんな具合に。
iPhone登場後のスマートフォンはどれもどこかで見たような形だ。iPadもそうだ。取っ手はどこへ行った?w
古くは初代iMacが出た後に半透明の商品が世の中にあふれた。

そういう商品を出して行くのがAppleだ。特にデザイン面で他社の追随をするようなことはしないはずだ。

ただ、OS Xは初期のリアルなメタル調からグラデーション主体でリアルさを感じさせない質感になってきている。舐めたくなるような光沢も押さえ気味だ。iOSも同じように今よりもすっきりした感じになって行くんではないかとは思う。

フラットデザインでも今のようなスキュアモーフィズムでもなくまったく新しいUIデザインになるんではないだろうか。

そんなことよりもMacBook Proの17インチだ!Haswellとかどーでもいいw。期待してるぞ、待ってるから出せよ!いや、出してください。出さないの?お願いですよ。出す感じない?出して欲しいんですけどー……うむぅ、気配すらねえしなぁ……(←かなりあきらめモードw)。

Posted in Apple | コメントを書く »

iWatchがウワサになってるので妄想してみる

2013/04/18

「iWatch」なる腕時計型のデバイスをAppleが発売するとかなんやかんやと言われている。

うーん、iWatchねえ。まあ名前からして時計なモノだと想像できる。だけど、そういう新カテゴリのデバイスじゃなくて次世代iPod shuffleなんじゃないだろうか。

このオレ様でさえスルーした第6世代iPod nanoが時計になっていたが、おそらくAppleの人もコレジャナイ感が分かっていたんではないか?w

やはりiPod nanoは縦長でそれなりの画面で操作ができる路線が妥当で正しいのだろう。その次の現行の第7世代が縦長に戻ったことがそれを物語っていると言えよう。

そして、iPod shuffleは第2世代からクリップが付いた身に着ける系だ。それがさらに進化として腕時計タイプになって、iPod nanoに倣い全面液晶になるんではないか。

iPod shuffleの機能としては曲の再生・停止、早送り・巻戻し、ボリューム調整といったところだ。これらの機能ならタッチ操作でできる。そして、触らずにいると時計を表示するとか。時計化は良くも悪くも第6世代iPod nanoの実績があるし、第7世代でもフル画面の時計表示機能がある。第6世代iPod nanoの失敗を新しいiPod shuffleに活かすという目論みだ。下地は十分だ。

しかし、音楽を聴くことを考えると腕時計からイヤホンが伸びていたら邪魔で仕方ない。そこで、音楽はBluetoothで飛ばす。

というわけで、Bluetoothの新型のイヤホンも登場。そして、旧型のイヤホンでも使えるようにレシーバーみたいなモノもあったりとか。

我ながら書きつつそういうイヤホンはいいなーと思ってしまった。どっちかっつーとこっちが主役??でもAppleのことだから純正の4極プラグのイヤホンしか対応しなさそうw。

そんなこんなで、iPodファミリーの製品になるので例によって発表は9月頃、発売が10月とかか。

Posted in Apple | コメントを書く »

いまさらながらiPhoneの新・旧マップアプリについて

2013/03/20

iOS 6から新しくなったAppleのマップアプリのダメっぷりはさんざん言い尽くされているんで、わざわざこのオレ様の駄文ブログで書くまでもないと思っていた。しかし、二大残念の一方を書いたのと正月にiPhone 4Sを持ち出し旧マップアプリを駆使しての初詣巡りで、改めてその良さが身に染みたのでダラダラと認めることにした。そうこうしているうちに新マップアプリの地図がアップデートに続き、iOS 6.1.3がリリースされて地図はとても見やすくなった。要するに言えるうちに愚痴を述べておきたいw。

さて、新マップアプリだがこのオレ様的には空港に製紙工場があったりパチンコガンダム駅といった地図の不出来はどうでもよく(よくはないかw)、どっちかっつーと地図といい具合に連携というかコンビネーションするナビ機能が重要である。3D地図なんか要らんからナビ機能がしっかりしたアプリがよいのだ。まあ、すなわち旧マップアプリのことなのだが、逆に言うと旧マップアプリはそんな理想的なアプリだったと言えよう。

自動車の運転免許が無いこのオレ様にとっては、お出かけ際の移動は公共交通機関が頼りだ。ところが、新マップアプリには公共交通機関であるところの電車などのナビ機能がない。経路検索の画面にはこれ見よがしに電車アイコンがあり、いかにも電車などでの案内をしてくれそうだが、実際には他のアプリにおまかせである。車社会なアメリカの会社のアプリらしく自動車の経路はけっこうよくできていそうなのが悔しい。

 

おまかせられの他のアプリはいくつか試した。よいアプリがあればよかったのだが、いわゆる乗換を案内するアプリは乗換の案内に徹しているのが多く地図がない。地図が出てなおかつイイ感じにルート案内をしてくれるアプリがあればどこのどんなのでも構わないのだが、今のところこのオレ様のお眼鏡にかなうアプリにはお目にかかっていない。

そして、奇しくも新しいマップアプリ搭載のiPhone 5が出た頃に、Googleマップにバスルートの検索も追加され、旧マップアプリでもバスルートが表示されるようになった。

その頃に見沼へ田んぼ見物に行って帰ろうとしたが、駅から遠い所だったので長距離歩行を覚悟した。当時はまだiPhone 4S(iOS 5)であったので麗しの旧マップアプリで検索すると近くのバス停からのルートを案内してくれた。これには多いに助かった。こんな便利なのにiPhone 5にしたがために使えなくなってしまうのは至極悔やまれた。

そんな中、Google謹製のGoogleマップアプリが満を持してリリースされた。

さっそくインストールし、地図には一瞥をくれてルート検索してみたが、電車などの公共交通機関のルート検索では「開始」とか「出発」とかがない。どういうわけか自動車と徒歩には開始をしめす「ナビ開始」「ガイド」があるのだが、電車の場合には該当するモノが無い。なんで差別されているんだ?まさに移動開始なわけだから移動をはじめさせていただきたい。開始しないと案内されている感が無いではないか。

 

それから、Googleマップアプリでは現在位置を青いマットなポッチで示される。これがいただけない。新旧ともにAppleのマップアプリでは現在位置を示すのは光沢のある青いポッチだ。ジョブズ風に言うと舐めたくなるような現在位置だ。舐めたくならない現在位置はダメだw。実用面としては、地図上で光沢の有るポッチは目立つので現在位置がぱっと見で分かる。Googleマップアプリの非光沢の青ポッチでは地図内で埋もれてしまってわかりづらい。

 

さらに、Googleのアプリだって言うのにGoogleマップのマイマップとの連携が無いのが残念だ。旧マップアプリではマイマップとの連携ができるので重宝していた。お出かけの際に訪問地がいくつか有る場合は以下のようにしている。

  1. Mac上のブラウザでGoogleマップのマイマップを作成。
  2. 地図を作るとGoogleマップかGoogle EarthのURLがあるのでコピー。
  3. 連絡先にアドレスを新規作成してコピーしたURLを「国」の欄にペースト。URLはhttpsではじまるがhttpに変更。
  4. iPhoneにて同期。
  5. 連絡先で追加したアドレスのURLをタップ(マップから連絡先をみてもOK)。
  6. 1回は「結果が見つかりません」と言われるが、そのまま[検索]をタップするとズドドドド!と作成した地図の箇所のピンが降ってくる。
  7. ピンをタップしてルート検索ができたりする。

ところが、GoogleマップアプリはGoogleが出したっていうのにマイマップとの連携が無いのが不思議でならない。本家が何をやっとるんだ?まだバージョン1.xではあるが、これは厳しい意見だろうか???

というわけで、Googleマップアプリは良くも悪くもGoogleらしく、それなりに洗練されているが、このオレ様にとっては旧マップアプリの代替えにはならない。と、いいつつルート案内はしっかりしているので消極的にご愛用ではあるのだが……。

それから、Googleマップアプリはまだまだで、やはり旧マップアプリが良いと思ったのは乗り換え地点で再検索できるところだ。Googleマップ(というかジョルダン?)のルート案内は余裕があるので、必死こいたり運がよければ案内よりも早い電車などに乗ることができる。逆に運悪くトラブルなどで電車が送れることもあろう。

そんな時に旧マップアプリであれば時計のアイコンをタップするとその時その場所からのルートを再検索してくれる。これが何気に便利だ。

そして、既述のナビ開始にも通じるのだが、旧マップアプリはリアルタイムに連動する地図とルート案内を見るのが楽しい。

うむ、そうだ楽しさだ。連動する地図とルート案内がゲーム感覚のような楽しさを醸しだしているのだ。ナビ開始もゲームスタート!という感じだ。ルート案内ゲームみたいな。そういう遊び心が欲しいのである。それでいて必要にして十分な機能を有していたのが旧マップアプリなのだ。そこがそんじょそこらの地図・ナビアプリとは一線を画すAppleの真骨頂と言えよう。

なんだか取留めがなくなってきたのでまとめますと、地図は今のでいいから旧マップアプリなUIでGoogle Mapのマイマップに対応してー!w

Posted in Apple, iPhone | コメントを書く »

Apple Special Event – October 23, 2012

2012/10/25

だいたいウワサ通りの製品が発表となった10月23日のApple Spescial Evenは久々のライブストリーミングだった。固唾を飲んでご視聴。

このオレ様はiPad miniなんか出やしないと高をくくっていたが、見事に予想を裏切り大発表。iPad miniを掲げて満面のドヤ顔をするフィル・シラーが堪らない。Appleサイトの写真やフィルが持っている手元を見ると、スゴいがんばって握っているように見えるが気のせいだろうかw。

MacBook Proは13インチがRetinaに。残るは17インチだ。Apple社員の皆さんにはがんばっていただきたい。年明けぐらいには、と期待している。

iMacはエッジが5mmでスゴく薄くなったようだが、最厚部は今までと大して変わらないのではないだろうか。残念なのはついにFireWireがなくなってしまったことだ……。

さて、はっきり言ってiPad miniはかなり物欲をそそるが、iPadと同じで使いどころが思い当たらない。iPadはゲームをやったり職場でスケジュールを管理したりなどがんばって使っている。そして、移動中や外出先ではiPhoneだし、我が家ではMacだ。はたしてどーしたもんか。

それはともかく、イベントでは第4世代のiPadも発表されちゃって、このオレ様がご愛用の新しいiPadは発売後およそ半年で旧モデルになってしまった。しかもこのオレ様が大購入したのは夏だ。3ヶ月ぐらいで旧モデルだ。なんとうことだ。逆に考えるとRetinaで30ピンアダプタのiPadはレアと言っても良いだろう、などといって一心不乱に自分を納得させるのに一苦労だ。

第4世代が発売されたというのに2世代前のiPad 2はまだ併売するという……。そうやって第3世代のiPadは無かったことになっても構わない。何故ならば、このオレ様のiPadは永遠に「新しいiPad」なのだから。ちくしょう。

Posted in Apple, iPad | コメントを書く »

Apple Special Event「It’s almost here」の感想

2012/09/27

もうiPhone 5も発売しちゃったりしるこのご時世に、大変遅ればせながら9月11日のアップルのイベントの感想。

まづはiPhone 5。ウワサ通りの新ボデーで幅はそのままに縦に伸びた。その伸びた分、アイコンをならべる行が1つ増えた。1画面で見える情報が増えて便利だ。

このオレ様は大いに遅れて発売となったiPhone 4のホワイトを2011年4月に大購入。そして、年が明けた2012年1月にiPhone 4S(これまたホワイト)を大購入。そしてiPhone 5を大購入となるとここ最近のiPhoneは1年もたたずに買い替えているw。ってすぐ買うつもりっすか?マヂっすか?

大購入すべく何気にただいまご利用中のiPhone 4S(64GB)の容量を見てみたところ、使用可能が50.6GB、使用中が6.8GBであった。このオレ様は16GBでいいのか?

いやいや、そうは言っても16GBでは心持たないぞ。じゃあ真ん中をとって32GBだ。さて、買うとなると1括だ。値段を確認してみると64GBとは約1万円の差額。倍の容量が1万円で手に入るなんて!だったら64GBだな。

そして、大購入すべく何気にただいまご利用中のiPh(以下無限ループ

Bumperもまだだし、しばしループをさせておこう。何を隠そうまだ実物も見ていないし。

そして、この時期のイベントで発表が恒例のiPod nanoは縦型に戻った。想像というか期待していたのは全面液晶だったが、第7世代のiPod nanoはiOSデバイスライクなホームボタンを備えた形状。全面液晶の代わりと言っては何だが、iPod nano史上最大の画面サイズだ。容量は16GBのみとなり迷うのは8色展開している色だけとなった。

個人的には縦長ではないiPod nanoは失敗なんじゃないかと思っているが、第6世代は2年も続いたのでそうでもないのか(失敗と言うか自分が気に入らないだけだがw)。時計化できるなどというのはAppleらしい遊び心があってよかったのかな。カメラは復活しなかったが、動画再生は再び対応した。

なにはともあれこれは文句なしに大購入だ。

今年は年始にiPhone 4S、夏に新しいiPad、そしてiPhone 5に第7世代iPod nano。ひもじくなるなあ。無事に年を越す事ができるだろうかw。

Posted in Apple | コメントを書く »

iPhone 4Sの発売とLet”s talk iPhone

2011/10/14

本日はiPhone 4Sの発売日。大購入された方はおめでとう。このオレ様は春に念願のiPhone 4ホワイトモデルを手に入れたので、慌てず騒がず様子見。という名目でiCloudのためにLion待ち。というか、m2TVのドライバの64ビット対応待ち。

さて、それはともかくそのiPhone 4Sが発表された「Let”s talk iPhone」。

iPhone 5が出るとのウワサがあった。しかし、Appleはそんなアナウンスはしていなかった。にもかかわらず、出るもものと決め込んで、いざ出ないのが分かると、株価が落ちたり、投資家が失望したりなど全く勝手な話だ。

勝手な話になってしまうのはiPhone 4SはiPhone 4と見てくれはほぼ同じということも原因かもしれないが、中身はかなり性能がアップしている。

プロセッサはA5でデュアルコア、カメラやビデオの性能も上がり、しかも3g増量。スペックはこんなに向上していて、日本ではauからも発売でキャリアの選択肢が倍になった。それからiOS 5の音声認識機能であるところのSiriがすごい。未だ日本語対応になっていないが、対応すればこんな風に串カツを頼めるようになる。すごいじゃないか。文句言うなw。

外観は変わらず、内部の大幅変更ということでインテル採用のことを思い出した。iMacやMac Proなんかは筐体を変えてくると思ったらたいした変更は無かった。3Gから3GSの時もそうだった。自信があるときにはあえて外観のデザインは変えてこないのかもしれない。

さて、外観が変わらなかったのはiPod nanoもだ。iPod nanoは外観だけでなく内部のスペックの変更は無く、ソフトのアップデートのみだ。App Storeに言ってみたら販売しているiPod nanoは従来の物で、発表されたiPod nanoにするにはiTunesでアップデートすれば宵との事だった。ということはまんまハードウェアとしては変更が無かったのだろう。

iPod nanoは毎年変えてくるので、今年もてっきり新しいデザインでリリースされると勝手に決め込んでいたのでまったくもって残念だ。これは株価が落ちたり、投資家が失望したりしても文句は言えまいw。

Posted in Apple, iPhone, iPod nano | 3個のコメント »

スティーブ・ジョブズ、死去

2011/10/12

ジョブスの訃報からもうすぐ一週間かな。 いまだ実感が無い。Appleサイトやニュースサイトなどでジョブズの記事や写真を見ているからだろうか。

膵臓癌の後、かなり痩せてしまい何度か休職を経て今年のCEOを退任。いつかその日が……、と遠い先のことと思っていたが突然やってきた。享年56歳か。早い。早すぎる。

正直なところ、これからのAppleがどうなるか気がかりだ。ジョブズは4年分以上に相当する製品計画を残したようだ。

数年後、Appleの新製品を見て「だめだこりゃ……」なんて思ったときに「ああ、スティーブ・ジョブズはもういないんだ……」なんて実感が湧くのかもしれない。

そんなことは杞憂になることを氏の冥福と共に祈ろう。

Steve Jobs

Posted in Apple | コメントを書く »

iPhone 4 Bumpers OrangeをiPhone 4 ホワイトに付けた

2011/04/29

家に帰って来て、まづは大開封。というか、お店で設定のために開けちゃった訳だが。中身はいつもの通り、イヤホン、USBケーブル、USB電源アダプタ、そして簡単マニュアル類とシール。あとUSIMカード取り出しようのピン。

iphone4-bumpers1

Bumperはかねてからの希望であったオレンジをApple Store, 銀座で大購入。iPhone 4 を買った後にApple Storeの様子を見に行ったが、バンパーを買うのも目的だった。

iphone4-bumpers2

iPhone 4の仕様ページにも白いiPhone 4にBumperを付けた画像が出ていた。その他にもサイトやオンラインのApple Storeのあちこちに白いiPhone 4が現れ始めた。

てなわけで、装着。付けてみるとけっこう明るめのオレンジ。

iphone4-bumpers3

うーむ、なんだかauの端末みたいだなーw。

Posted in Apple, iPhone | コメントを書く »