Gon-III Blog

駄文したため候

明けましておめでとうございます

2019/01/01

さてさて、新年は恒例の干支にちなんだ食べ物シリーズということで、秋頃から今年の干支であるところのイノシシをいただけるお店を検討し始めた。イノシシといえば両国のももんじやが有名だ。リーズナブルなランチもやっているとのことでもう決まったも同然と思っていた。

いざ、12月になって食べに行こうとしたらなんとランチをやめてしまったとのこと( ̄◇ ̄;)。しかも、11月ごろまではやっていたと言う大失態。近い種類のブタ料理で手を打とうかと思ったが、そこは妥協してはならない。

そこで、イノシシ料理を探し求めて辿り着いたのが大門のジビエズマーケット。ランチに猪豚丼をご提供。

猪豚丼は大ぶりの丼に炒めた猪肉・豚肉・野菜が乗っていた。見慣れた豚肉とはあきらかに違う肉がある。これが猪のお肉なのだろう。しかし、このオレ様の冴えず肥えていない舌では味の違いがわからなかったw。ただ、キノコもたくさん入っていてワイルドな雰囲気の丼物で堪能できた。

ジビエズマーケット

とにかく、これで面目は保たれた(なんの?w)

そーはいっても、くやしいのでイノシシの看板を見にももんじやにも行ってみた。お昼は再開しないんだろうなー。

ももんじや

そんなこんなで今年もキーボードの遅いブログになりそうです^^;。

Posted in 雑談 | コメントを書く »

Appleプリントサービス終了

2018/12/16

まあ、ブログでも書けよと言うことで、毎年恒例のカレンダー話。

と、言いたいところなのだが今年の9月末でAppleはプリントサービスを止めやがりなさいました。

これは想定していなかった。かなり痛手だ。この時期になれば、例年はカレンダー作りに勤しんでいたのだが……。フォトブックなんかどうでもいいが、カレンダーだけはなんとかと思ったが、そうはいかないようだ。止めてしまうほど利用者は少なかったのだろうか。

9月で終わりということで、10〜11月分は今まで写真から流用して……などと悪あがきを考えたが、そんな中途半端なことはできない。このオレ様のカレンダー作りに妥協は許さない。

そんなこのオレ様のためか、Appleは止めた代わりに写真アプリで使える他社製のプロジェクト拡張機能をご推奨。だけどiPhotoや写真.appとは違ってかなり見劣ると想像できる。おそらく海外のメーカーだろうし、日本からオーダーできるだろうか。フジやエプソンあたりがやってくれるとありがたいのだが望みは出涸らしのお茶よりも薄そうだ。

そんなこんなで、渋々Appleのプリントサービス ページにあるプロジェクト機能拡張のリンクをクリックしてMac App Storeを見てみた。

プロジェクト拡張機能はいくつかあるけど、Mimeo Photosというのが唯一カレンダーに対応しているようだ。またレビューを見ると日本にも送ってくれるようだ。ひとまず安心。

いままではApertureをメインにして、ライブラリが共有できるiPhotoでカレンダーを作成。必要であればLightroomから書き出したファイルをインポートして作っていた。

これからはMimeo Photosが写真.appの機能拡張なので新たなワークフローを確立して使い方にもなれないと。

もろもろヤル気はないけど、成し遂げようという気持ちはある。まずは、写真を整理しつつMimeo Photosがどこまでできるか/できないか試行錯誤していこう。

こんな調子じゃ年内の発注は無理かな。まあいいか(いいのか?w)

macOS – プリントサービス – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/macos/print-products/

写真 App でプロジェクト機能拡張を使ってプリント製品を作成および注文する – Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT208920

Posted in Apple, iPhotoカレンダー, 写真 | コメントを書く »

MacBook Pro(2017)大購入

2018/08/19

まぁブログでも書けよと言うことで、新しいMacBook Proのリリースを記念して(といってもすでに時間が経っているがw)昨年このオレ様が大購入した前モデルのお話。下書きっぽいものを見つけたのでせっかくだから記事にしようw。

最初にMacBook Proを買ってから次は17インチと夢見てきた。
しかし、17インチは廃盤になり待てど暮らせどリリースされることはなかった。

そうこうしているうちにこのオレ様がご愛用であるところのMacBook Pro(2007)は最新OSからも足切りされて、製造中止から7年以上が経過したオブソリート製品の仲間入り。いろいろしんどくなってきた。なにせ10年を過ぎようとしている。

17インチは諦めて15インチモデルを買うことを決意した。何を隠そう初代タッチバーモデルを買おうとしたのだが、Apple Storeの初売りでクーポンがもらえるのを逃して購入意欲がなくなってしまった。

そして、2代目のタッチバーモデル。もう迷っていられないと思いつつどーしよーとか悩んでやっと踏ん切りがついてオンラインのApple Storeで大購入。カスタマイズでモリモリにしようとしたけど、15インチの上位モデルを選ぶとCPUは+22,000円で2.9GHzから3.1GHzにできる。へ?2万円以上も出して0.2GHzとな?対費用効果が感じられそうにないのでCPUはそのまま。ストレージも512GBから増やせるけど、今までのは160GBで10年ぐらいやってきた。3倍ぐらいあれば、あえて増やすこともないだろう。必要なら外付けのストレージなどをご検討すればよい話さ。
というわけで、結局カスタマイズは英語キーボードに変更だけになった。

そんなこんなで、店頭受取りにして大購入。ところが、受取りに可能になった日はなんと台風が迫っていた。幸いにそれほど荒れている様子はなかったので、銀座ストアへ。

MacBook Proの店頭受け取りに来た旨を店員さんに告げる。日本語も流暢な欧米の風貌の店員さんだ。待ってる間、雑談などしているとMacBook Proがやってきた。引渡しは持って来た店員さんがやるようで、最初に対応してくれた欧米な店員さんは購入おめでとうと云う体で握手をしてくれた。

MacBook Proはダンボール箱に梱包されてる。段ボール箱から出すか聞かれたが、面倒だしそのままで良いと告げた。そうすると雨ですし今日はこのままがいいですね、と答えてくれた。

荒れてないとはいえ台風のなかいそいそとご帰宅し、開封の儀。梱包の段ボールはかなりしっかりしている。ちょっとやそっとでは中に影響はないようだ。新品のハードウェアの香りが広がる。

Retinaディスプレイに新しいキーボードを堪能。ざっと一通りいじったところで主に職場での使用をメインと考えているので細かな設定などは追々としよう。

電源を落とそうとしたところで、ようやくTouch Barの存在を思い出した。幸か不幸か、ほぼキーボードを見ずにディスプレイに集中して作業などができるので、キーボードの上に位置するTouch Bar目に入らなかった。

いじってみたが、わざわざTouch Barに手を伸ばすのがおっくうだ。なにせキーボードを見ないといけない。ブラインドTouch Barをやれというのだろうか?w

Posted in Apple, Mac | コメントを書く »

夏のカバン

2018/08/13

夏用撮影カバンがずいぶんくたびれてきた。いつ頃から使っているかとブログで確認すると、8年ぐらいからだ。

そりゃくたびれもするわなw。そろそろ買い替えを考えたいけど代わりとなるカバンはなかなか無いだろう。

今のバッグはGREGORYが米軍特殊部隊用に開発、設計を請け負ったスピアモジュラパックシステムをベースとしたという「スピア」シリーズの「Sling Load Bag」だ。このスピアシリーズは一旦、販売終了したけれど数年前に復活。しかし、「Sling Load Bag」はラインアップされなかった。全くわかってねーなw。再販でなくても後継製品でも出してくれたらいいのに。

というか全然ブログを書いて無いですなw。

Posted in カメラ | コメントを書く »

iPhone X大購入

2018/02/06

まぁ、ブログでも書けよということで遅ればせながらのiPhone X大購入譚。

かつてはiPhoneを買うために店に並んでいたけど、最近はApp Storeで現物を見てから買うようになった。このオレ様もオトナになったものだ。

しかし、そうすると早々と入手したニュースサイトのレビューを見たり、周囲の人が使ってるのを羨んでから自分が手にすることになり、無念な思いをしていた。今年はそんな思いをしないように予約開始と同時に注文しようと考えたいた。そしたらiPhone 8/8Plusの他にiPhone Xとやらが出るというではないか。なんということでしょう。

iPhone Xが出ると言うのに見てくれが前モデルとそう変わらないiPhone 8/8Plusを求めるなど笑止。ノッチがあろうがなかろうが新しいモノに触れたいとういうこともあるので、iPhone Xに決めた。もちろん予約開始と同時にご注文だ。仕事中だろうがなんだか構うまい。16:01が近づきiPhoneを握りしめてると声をかけられた。

「打ち合わせだよー。会議室に集合!」

え……?さすがに予約したいので待って欲しいとは言えずおずおずと会議へ。もちろん会議の内容なんて上の空。結局、予約ができたのたのは夕方の休み時間。

というぐあいに出遅れたが発売日から一週間ほどして我が家にやってきた。しかし、いじり始めたら半日ぐらい時間がかかる。そんなiPhone Xを愛でる時間を確保できずに数日経ってようやく開封の儀。

KDDIからのお荷物なのでiPhone Xだと思っていたが、はたして中身は本当にiPhone Xかと不安になってきた。三太郎グッズだったらどうしよう?しかし、そんなことは杞憂に終わり、中身はちゃんとiPhone Xが入っていた。予想は当たらず共遠からずで三太郎カレンダーも同梱。さすがだ。SIMが変わるのでこれも同梱。

さっそくSIMをiPhone Xに仕込んで起動したが「電波ないよ」的なことを言われた。SIMトレイの刺さりが甘いようでグッと押しもうとしたら、落っことしそうになってしまった。あやうく、開封日に落として割ってしまうかもしれないところだった。あぶないあぶない。

色はお初のシルバーをご選択。ケースはいつもの純正PRODUCT(RED)。ケースの箱は上から中箱を引っ張り出す仕組みだ。どうやって止めているのだろうと引っこ抜いて外箱の内側を見てみると紙を折ってツメにしている。ずいぶんシンプルでいいアイディアだ。

下にチラ見するシルバーパーツとPRODUCT(RED)の赤と漆黒の全画面のディスプレイの組み合わせがいい具合で気に入った。

手に入れる前にApp Storeで実機をいじってみたときは重いとは感じなかったけど、いざ使い始めると思いの外に重い。目覚まし時計に昇格したiPhone 7などと比べると歴然。

あと、iPhone 7と比べるとちょっと大きい。布のケースに入らないことはないがチトきつい。いままでとはちょっと握りづらく、左手で持つときは人差し指を伸ばして持つとバランスがいい。しかしそうすると縦に並ぶレンズに由布が触れてしまう。ちょっとこれは困った。

iPhone Xの目玉はなんといってもFace IDだろう。なかなか便利だ。特にすぐにパスワードを要求する1Passwordの解除がiPhone Xを見つめるだけでできるのがヨイ。
あと、どんだけ耐えられるのかとFace IDをする時に変顔をしてみたりした。割りと認識してくれる。ちなみにこの試みは外ではできないw。

そんなこんなで11月前半頃に入手したiPhone X。来年はいつ頃発売だろうか。もしかすると史上最短期間しか使えないかも?w

Posted in iPhone | コメントを書く »

明けましておめでとうございます

2018/01/01

恒例の干支にちなんだ食べ物シリーズ。今年は戌年ということだけど、チトお犬様を食べるのはキビシいw。

そこで、閃いたのがホットドッグだ。犬じゃないけどまあいいだろう。というか犬を食すのは嫌なので、ってもういいかw。

いくつかホットドッグを扱っているお店を見繕ってハシゴした。と言っても2店で、最初はこちらの店で2件目はこの東京ドームのLaQuaにあるPARK STREET CAFE

アレヤコレヤと何枚もとったけど、後半は冷めて美味しくなさそうに見えて来たので結局最初の一枚をご採用。

さて、昨年はなんか冴えなかった。撮影計画の予定を前日に考えることが多かったり、出かけても天気が優れないことが多かった。この写真を作るのも大晦日までかかったし。そうかと思えば、Apertureのライブラリの容量を見ると例年より多い。枚数で決まるわけではないけど、思っているよりもそれなりだったのだろうか?

気張っても空回りしそうだし、いろいろやりたいこともロザリオにしてしまっているので、そこそこに計画を立てて過ごしていきたいですな。って、言うかブログ書けよって話ですか。そーですかw。

Posted in 雑談 | コメントを書く »

BOSEのスピーカー大購入2

2017/05/13

Amazonでご注文は迎え撃つのが面倒なのでご近所のクロネコの営業所を発送先するようにしている。しかしながら、Companion 20の発送先は営業所を選択できなかった。配達はクロネコヤマトではなかった。よく確認しなかったが、どこだろうか?

ともあれ、無事に届けば問題なし。さっそくご接続!の前にMediaMateを引退させなければ。ノイズもさることながら外観もガタがきていて、経年劣化で数カ所欠けているところがある。何を隠そうボリューム調整のダイヤルも割れてて瞬間接着剤でくっつけていたという次第だ。

そして、こうやって写真を撮ろうとしたところ、大きなヒビがあるのを見つけた。老体にもかかわらず頑張ってくれてたんだと思うと感謝一入だ。

MediaMateの箱はまだ取ってあった。箱のイラストがスピーカー本体にフロッピーディスクってのが時代を感じるw。

せっかくなのでサイズ比較。当たり前だがCompanion 20が背が高い。その代わり奥行きがない。ちょっとは机の上が広く使えるようになるかな。幅はそう変わらない。

さて、配線。音声入力、コントロールポッド、電源、左スピーカーの各ケーブルを右スピーカーの背面へ接続。すっきりすると思ったけどそうでもないw。ちょっと嬉しいのは電源アダプタがコンセントと一体ではなくなったことだ。MediaMateの電源アダプタは拳ぐらいの大きさで、これをコンセントに差す。邪魔w。Companion 20は普通のコンセントでスピーカーの間に電源アダプタがあるタイプだ。

置いてみた。思いの外、邪魔じゃなくて安堵。さすがに、左右の下の隅は見にくくなるが、そこをそれほど見るもんでもないし、まあ何とか我慢ができる範囲だ。
ただ、希望としてはiMacの左右に置きたいところ。大きな机を検討したいが、お部屋のスペースの都合もあるのでしばらくはこんな感じか。

さっそく見ていたテレビの音声を試聴。情報番組で出演者がしゃべっている場面だった。iMacのスピーカーと比べると当たり前だが、聞き取りやすい。しかし、そんなに特徴を感じさせない。
ところが、番組のトークが終わって音楽が流れ始めたら低音がよく効き、音に立体感が出た。
しゃべっているようなときはナチュラルに聴きやすく、曲は奥行きがあるように聞こえる。流石ボーズ!侮れない。高いだけはあるw。

目玉のコントロールポッドのボリュームはスルスル動いていい感じだ。微妙な調整もできる。不意に当たって音量が変わってしまうこともあるが、その程度では大きく変わらない。そんな絶妙な調整具合がいい。

コントロールポッドは上部がスイッチになっていて触れることでオン/オフを切り替えられる。急に音をオフにしたい場合は便利だ。そして、オンの時に点灯する白いLEDがカッコイイ。

同梱のマニュアルは簡易版。詳しいマニュアルは製品ページからダウンロードできる。ダウンロードしたマニュアルを読むと、自動スタンバイ機能があることがわかった。2時間経過すると自動的にスタンバイ状態になるとのこと。スタンバイ状態ってのが謎だが電源がオフになるということなのだろうか。自動スタンバイはオンにしているのだが、スタンバイとやらになっているかよくわからない。まあいいかw。

気になるところはコントロールポッドに差すヘッドフォン端子の角度だ。刺す角度がよくわからずで、中央に向かっているわけでもなく、となりの外部入力端子とも並行ではない。どこへ行こうとしているのか?w

そんな些事はどーでもいいくらいに大きさ、品質、見てくれなど概ね大満足だ。さて、こいつにもまた20年はお世話になってもらおう。

Posted in Mac | コメントを書く »

BOSEのスピーカー大購入1

2016年の年末、このオレ様がiMacに接続してご愛用であるところのBOSEのスピーカー「MediaMate」がノイズを出すようになった。スピーカーのボリュームを大きくしたりすると消える。しかし、しばらくするとノイズが出てきてしまい、またボリューム調整ということを繰り返してきた。この時にiMac側の音量も調節しないと大音響になったりだのでとても面倒。

挙動からして修理とかいうレベルではないだろう。というか、MediaMateはこのオレ様がMacをいじり始めたころから使っているから、かれこれ20年ぐらいの付き合いだ。

もう十分に元を取ったと言っていいだろう。いままで良い音を聞かせてくれてご苦労であった。ありがとう。

そんなわけで新たなるスピーカーをご検討。要件はこんなところだ。

  • まあまあイイやつ。
  • ヘッドホン端子がある。
  • iMacの前に置くので邪魔にならない大きさ。

そんなにメーカーはこだわらないと思いつつ、けっきょくBOSEしか目に行かないw。調べてみると
BOSEではこの手のパソコン向けっぽいスピーカーは3機種だ。

一番小さいくせに一番値が張るMusicMonitor M2はヘッドホンが繋げないので除外。
残るは愛しの「MediaMate」の直系ともいうべきCompanion 2 Series III 。その上位機種であるところのCompanion 20。

Companion 2 Series IIIはこの手のBOSEのスピーカの中ではお手頃価格でサイズもMediaMateと同じくらいだ。
方やCompanion 20は上位機種なだけあってお高い。さらに背も高い。この背の高さが難点でiMacの前だとディスプレイと重なってしまう。しかしながら、高いだけあって音は良さそう。

というか、現に音は良いようだ。家電量販店へ偵察に行った際に、スピーカーコーナーにBOSEの方がいたので訊いてみたところ、違いがわかるぐらい差があるとのこと。あと、Companion 20のボリュームコントールなどができる装置「コントロールポッド」が好評のようだ。「コントロールポッドを他のスピーカーでも使えるようにして欲しいっ!」といったご意見をよくいただくとのこと。

さあ、こりゃ悩む。お値段お手頃でいい具合のサイズと、より品質の高い音で便利なコントロールポッドつきだけど諸々お高い方。

悩んだ挙句、まあなんとかなるだろうとお高いCompanion 20に決定!やはり決め手はコントロールポッドだ。なんかかっこいいしw。

そんなこんなで、年明けにお年玉がわりに買いますかねー、と偵察は済んだのでAmazonの製品ページに行くとクーポンがある。ラッキー!流石は日頃の行いの良さよ!などと息巻いたがクーポンが取得できない。どうやら、クーポンの有効期間は過ぎてしまっているが告知の表示だけされている、といった状況のようだった。さすがにAmazonの中の人もお正月はお休みのようだ。
得られないクーポンは仕方ない。しかし、クーポンがあると知ったからにゃ定価で買うのはどうも負けのような気がする。しかたなく、しばらくiMacの内蔵スピーカーで過ごすことに。

月日は流れて、2016年の年度末。待ち焦がれたクーポン登場!ポチッとな!

Posted in Mac | コメントを書く »

2017年のiPhotoカレンダーが届く

2017/03/17

まあ、ブログでも書けよということで久方ぶりに年が開ける前に出来上がったiPhotoカレンダー。その分、ブログが遅くなったということで±0で良しとしよう(なにが?w)。

表紙はいつものガンダム。このガンダムは先日に展示終了となった。終了する話を聞いて、1月ごろから月一で行くようにして今度のカレンダー表紙のために写真を撮った。「来年はこれだな!」みたいな写真がこれと同じようなタイミングと構図だった。選び直さないとw。今度はユニコーンガンダムとのこと。おっさんとしてはファーストガンダムが良いのだけど、表紙はユニコーンガンダムに世話になるか。

ベースの色はベージュっぽいやつにした。

4月はやはり桜。都内は天候に恵まれずなどだったので、見頃と思われる茨城県の千波湖、偕楽園へ行ってみた。偕楽園には「左近の桜」という大きな桜がある。園内に入り大きな茶色い木が目に入り「流石にあれじゃねえよな」と思ったらそれだった。ぐぬぬぬ。そして帰ってきてテレビのニュースを見ていたら富士山と五重塔で有名な富士吉田にある新倉山浅間公園の桜が見頃などという話題を紹介していた。「そっちだったか!チクショーーッ!!」と叫んだのはよい想ひ出。

紅葉を求めて遠出をするのが毎年の楽しみなのであるが、昨年はそれが叶わなかった。枯露柿見物の塩山は遠出で紅葉の時期でもあり、どこかで紅葉を拝めると期待したが、思ったような成果はなかった。
そんなこんなで紅葉は荻窪の大田黒公園。代わりと言ってはなんだが、ずいぶんいい雰囲気の公園を知り得たのは怪我の功名といえよう。

最近は予定を立てるのもままならず、ルーズな行程になることも多々ありだが、納得いくカレンダーが出来上がるよう精進しよう。

Posted in iPhotoカレンダー | コメントを書く »

iPhone 7を大購入して早くも数ヶ月

2017/02/08

ブログも放置気味で筆不精というかキーボード不精でしょうがないけど、iPhoneを買ってはいつもブログに書いているので、書いておかないととなんだか納まりが悪いw。買ってしばらくたってしまったのでテキトーに。

さて、毎度発表されるiPhoneは数字が増えるのと「s」がつくのが順繰りで、数字が増えるときは大きなモデルチェンジなのが通例。しかし、今回はいつもほどではないi印象。サイズ展開も6、6sとほぼ一緒でデザインも踏襲といっていいぐらいだ。しかしながら、今回はホームボタンが感圧式になり、イヤホンジャックの廃止でLightningコネクタのEarPodsとかApple Payのような、見てくれよりも機能面でのな大きな変更がメインと言ってよかろう。

そんな今回のiPhoneはどれにしようか迷った。よりいいヤツと思ったけど、そうするとPlusだ。これはデカい。Plusに搭載のカメラは興味深いが、やはりデカい。ほぼ同じ大きさのiPhone 6 Plusが職場にあるので仕事のフリをして手に取ってマジマジと見てみた。やっぱりデカい。これを常時持ち歩くのはどうかと……。
それと、iPhone 6sのときに買ったスマホ入れをまだ使いたいのでデカいのはダメだ。

そんなこんなでiPhone 7に決めたが、今度は色に困った。今までは白いiPhoneを手にしてきた。ゴールドやローズゴールドの新色に手を出しだが白基調であったから他ならない。
今回の新色はつや消しのマットブラックと、光沢でテカテカのジェットブラックだ。簡単に言うと黒。今までを重んじて白系統にするか、新色に手を出すと言う法則に則るか。新しい時代の幕開けを感じて、塗るのが大変そうだとかいうジェットブラックに大決断。このオレ様史上初のブラックiPhoneである。

Jet Black

ケースはいつもの(PRODUCT)RED。今までの白いiPhoneと赤いケースの組み合わせは紅白でめでたいぜ!などと思っていたが、赤x黒もなかなか渋くて気に入った。

(PRODUCT)RED x iPhone 7

今回の目玉の一つはApple Payだ。東急戦沿線に住んでいてPASMOサイコー!などと思っていたこのオレ様がApple Payにつられて定期をSuicaにするという暴挙に出たほどだ。ちょうど発表が定期更新のタイミングに近く、いい機会だったと言えよう。
しかし、何を隠そうコレがなかなか慣れない。改札へ向かうと未だにiPhoneをしまって、定期入れを出そうとポケットを弄ってしまうw。
あと、定期入れには定期券と職場のタイムカードや入館のカードキーも入れていた。なので、電車に乗れればもれなく職場には入れたワケだ。ところが定期券はApple Payへ。そのうち、電車に乗ったはいいが職場に着いたらカードキーを忘れてて入れないという事象が発生しそうだ。

と言うわけで、iPhoneが発表されてから10周年とかいうことらしいので家にあるやつを引っ掻き集めてきた(iPod touch含む)。こうやって毎年目覚まし時計が増えてゆくw。

Posted in iPhone | コメントを書く »